よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

口臭

口臭が強い気がします。歯槽膿漏が原因ですか?

■歯槽膿漏を治療することで口臭が改善される
エチケットの1つとして気をつけておきたい「口臭」。しかし口臭は自分では気づきにくく、デリケートな部分でもあります。そんな口臭は、舌の汚れである「舌苔」や口腔内の細菌などが原因で作られていることが多いもの。また、その原因のほか、歯槽膿漏が口臭の原因となっているケースも考えられます。そこで今回は、歯槽膿漏が原因で起こる口臭と、そのケア方法について紹介していきます。

■歯槽膿漏で口臭が発生する原因
歯槽膿漏は、歯や歯肉の病気の総称である「歯周病」のなかの1つです。歯周病のなかには「歯肉炎」、「歯周炎」、「歯槽膿漏」といった病気があり、そのなかでも最も症状が悪化した状態がこの歯槽膿漏です。歯槽膿漏に発展するまでの経緯を簡単に説明すると、最初は軽度の歯肉炎から始まります。歯肉炎の段階では、歯茎や顎の骨に影響は及びません。この歯肉炎の症状が進むと歯周炎、さらに症状が進むと最終的に歯槽膿漏へ発展します。

歯槽膿漏になると、歯を支えている「歯槽骨」という骨が溶けて歯がぐらつき、歯と歯茎の溝(歯周ポケット)が深くなって、そこに「嫌気性細菌」という細菌が繁殖します。この「嫌気性細菌」は代謝をする過程で一種のガスを発生させ、それが口臭のもとに。つまり、歯槽膿漏による口臭は嫌気性細菌が原因だといえます。

■歯槽膿漏による口臭を早めに予防
歯槽膿漏は、前述したとおり歯周病の症状が悪化した状態のことを指します。歯槽膿漏による口臭を予防するには、歯周病が歯槽膿漏へ発展する前に早めに治療する必要があります。歯槽膿漏に発展する前の歯肉炎程度であれば、症状が軽度な上口臭もひどくないので、毎日の丁寧な歯磨きと洗口剤だけでも十分に対応することができます。

しかし、歯周病が歯槽膿漏へと発展している場合、歯と歯茎の溝が深くなり、そこにも歯垢が溜まりやすくなります。そうなると歯磨きや洗口剤では歯垢を落としきれなくなり、口臭の原因をきちんと取り除くことは困難です。その場合は定期的に歯科医へ通い、歯垢や歯石を取り除くようにする必要があります。

■歯周外科治療という手も
歯槽膿漏がひどくなった場合は、「フラップ手術」と呼ばれる歯周外科治療を行うという手もあります。「フラップ手術」とは、炎症を起こしている歯茎を切開して剥がし、歯根の表面に付着した歯石や細菌汚染された歯根の表面を治療器具で取り除く手術です。こうすることで、歯磨きや洗口剤では落としきれない歯垢や歯石もきちんと取り除くことができます。

このほかにも、フラップ手術を行うメリットはいくつかあります。具体的には「歯茎を切開するので、問題の箇所を直接ケアすることができる」というメリット、「細菌汚染された歯肉も除去することができるので、歯と歯茎の溝を浅くし、口臭の原因である細菌を除去できる」というメリットなど。また、歯と歯茎の溝が浅くなり、歯磨きやうがいなどのケアがしやすくなるという特徴もあります。

このように、歯周外科治療は口臭の原因を取り除くのに効果的です。しかし、その反面「歯根が露出するので知覚過敏になりやすい」、「歯茎が引き締まって歯根が露出するので、歯が長く見える」といったデメリットもあります。そうしたメリット・デメリットを踏まえた上で、適切な口臭ケアをしていきましょう。

■まとめ
口臭の原因には、さまざまなものが考えられます。それが舌苔や口のなかに残っている食べカスであれば、歯磨きや洗口剤で簡単にケアすることができます。しかし、歯槽膿漏などの歯周病が原因となると、歯科医でのきちんとしたケアが必要になります。歯槽膿漏で歯や歯茎の炎症、口臭を引き起こさないためにも、日頃から歯周病を意識して口腔ケアをすることが大事です。

一覧へもどる