よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

親知らず

上の親知らずの治療を受けた後、食事はできますか?

親知らずを治療するために抜歯することは多々あります。この治療を受けると、歯がなくなったことで違和感を覚えたり、食事に不安を感じたりと、どうしても生活に不自由を感じてしまうことが多くなってしまいます。とくに食事に関しては、多くの人が「ご飯を食べていいのか」、「どんなご飯を食べればいいのか」と悩むはずです。
「上の親知らずの治療を受けたあと、食事ができるか」という問への答えとしては、上の親知らずの治療を受けたあとに食事をとることは可能といえます。しかし、いくつかの注意点があるため、これらを踏まえたうえで食事をとることが大切だといえます。

■出血がなくなるまで食事は控える
親知らずの代表的な治療『抜歯』は、歯を骨から引き抜くという内容であるため、受けた人の多くが出血を伴います。治療後、しばらくは出血を伴うため、その際は食事を控えるようにすることが大切です。万が一、出血した状態で食事をとってしまうと、傷口に雑菌が入り込んでしまったり、さらなる出血を招いてしまったりする恐れがあります。一般的に、治療を終えてから約30分経てば出血は治まります。この時間を目安に、出血が治まったことが確認できれば、食事をとっても問題ありません。しかし、まれに30分経過しても出血し続けているケースがあります。これは何らかの異常を現すサインであるため、すぐに歯医者で診てもらうことが大切です。

■食事をとってはいけない時間
出血が治まったからといって、すぐに食事をとっていいかというとそうではありません。
親知らずの治療は、麻酔を施して行われます。麻酔の効果は治療を終えても、ある程度残り続けます。麻酔による効果は、施す方法や麻酔の種類などで異なりますが、約1〜2時間ほど持続します。この間に食事をとってしまうと、口内で食べ物と舌や頬との区別がつかなくなり、間違って舌や頬を噛んでしまうことがあります。さらに、麻酔を施している状態は痛みだけでなく、熱にも鈍感になっているため、知らないうちに口内が火傷していることもあるのです。そのため、出血が治まったのを確認したら、次は麻酔の効果が切れているかどうかをきちんとすることが大切といえます。

■どのようにして食事をとるべきか
治療後に食事をとる際は、抜歯した親知らずがあった場所とは反対の場所に生えている歯を使って食べることが大切です。これは、食べやすさを確保することもひとつの理由ですが、食べ物で傷口を刺激しないようにするためでもあるため、とても重要なことだといえます。
口内でトラブルが起こり、万が一傷口に食べ物が詰まったとしても、無理やり食べ物を取ろうとしてはいけません。舌や指で傷口を刺激すると、治まった出血が再発してしまう可能性があります。意図的な刺激を避けるのはもちろんですが、まれに辛いものや硬いもの、アルコールなどをとることで、知らないうちに刺激を与えてしまっていることがあります。そのため、治療後は柔らかすぎず硬すぎない食べ物をとることが望ましいといえます。

■注意点を頭に入れ、正しく食事をとる
上の親知らずの治療後に食事をとる際は、上記の点をしっかり頭に入れることが大切です。そうすれば、治療後でも安心・安全に食事を楽しむことができます。料理に関しては治療箇所を傷付けないためにも、スープやおかゆなどのあまり噛まないで済む食事をとることをおすすめします。
場合によっては歯医者から抗生物質を処方されることがあります。一般的に、薬は食後に服用するタイプが多いため、正しく服用するためにも食事はしっかりとるべきだといえます。
しかし、治療後に食事をとったことで傷口が炎症を起こしたり、出血したりなどする可能性もあるため、このような場合はすぐに歯医者へ行き、診てもらうようにしましょう。

一覧へもどる