よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

親知らず

親知らずの治療が怖いです。親知らずは必ず抜かないとダメですか?

親知らずが生えてきたからといって、必ずしも抜かなければいけないわけではありません。親知らずが正しい位置に生えてきて、歯としての機能をきちんと果たしている場合は、無理に抜かずに残しておくことも選択肢の1つです。抜かないことのメリットとしては、痛い思いや怖い思いをしなくてすむということのほか、将来親知らずを有効活用できるというものがあります。たとえば、奥歯のどれかを失ったとき、親知らずが残っていれば、失った部分に移植したりブリッジの土台にしたりすることが可能です。

親知らずを抜くか抜かないかの主な判断基準は、2つあります。1つは、歯としての機能を果たしているかどうか。もう1つは、周りの歯や顎に悪影響を与えていないかどうかです。以下で、それらの判断基準をより細かくご紹介します。

■親知らずを抜かなくても良い場合
・親知らずが完全に埋まっている場合
親知らずは、顎の骨の中に完全に埋まっている場合と、歯茎から少しだけ出ている場合があります。完全に埋まっていて周囲の歯や歯茎に悪影響を及ぼさないのであれば、抜く必要はありません。なお、親知らずがどのように埋没しているかは、歯医者でレントゲン写真を撮れば確認することができます。

・上下の親知らずがまっすぐ生え揃って、しっかり噛めている場合
親知らずは、正面からみて上下左右の歯で最も奥に生えています。手前の歯と同じようにまっすぐ生え、しっかり噛めているのであれば、歯としての機能を果たしているので抜く必要はありません。

・まだ親知らずが生える途中の場合
親知らずは、生える途中でも痛んだり腫れたりしてきます。親知らずが生え始めて痛みや腫れがあっても、傾かずにまっすぐ生えてきている間は、慌てて抜かずにしばらく様子を見ても良いでしょう。最後までまっすぐ生えれば、奥歯として残しておける場合があります。いずれにしても、痛みや腫れが出てきた時点で一度歯医者に行って、親知らずの生え方をチェックしてもらうことをおすすめします。

■親知らずを抜いたほうが良い場合
・上下どちらかの親知らずだけが生えた場合
上下のどちらかのみに親知らずが生えると、咀嚼の際に、親知らずが生えていないほうの歯肉を噛んで傷つけるおそれがあります。ひどくなると炎症を起こすこともあるので、早めに歯医者へご相談ください。

・歯茎が繰り返し腫れて痛む場合
親知らずは最後まで綺麗に生えることは少なく、たいていは歯の一部に歯茎がかぶってしまいます。かぶった歯茎と歯の間に汚れがたまると、痛みや腫れが現れます。それを何度も繰り返す場合は、親知らずを抜いたほうが良いでしょう。

・歯並びを乱す原因となる場合
現代人は顎が小さくなっているため、生えてきた親知らずが顎に収まり切らず、斜めに生えることがよくあります。親知らずが生えてきて手前の歯が痛む場合、親知らずが手前の歯を圧迫しているのかもしれません。それを放置していると、押されている歯が動いて歯並びが乱れる原因となるので、早めに親知らずを抜くことをおすすめします。

・手前の歯が虫歯になる可能性がある場合
親知らずの生え方によっては、食べ物が挟まったり汚れがたまったりしやすくなります。また、親知らずがまっすぐ生えないせいで歯ブラシが行き届かず、磨き残しが増えることもあります。すると、親知らずそのものはもちろんですが、親知らずと接触している手前の歯も虫歯になりやすくなります。そのように、親知らずによって周りの歯が虫歯の危機にさらされている場合、周りの歯の健康を優先し、親知らずを抜くのが一般的です。

・親知らずが虫歯になった場合
親知らずは最も奥にあるため、治療器具が上手く届かないことがあります。そのため、治療が難航することや虫歯の再発が疑われる場合は、虫歯治療をせずに親知らずを抜いてしまうことも手段の1つです。

一覧へもどる