よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

歯周病

歯周病になるとどのような自覚症状が現れますか?

年齢を重ねるとともに、かかるリスクが高くなる歯周病。歯周病は、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することで、歯の周りに炎症が起こる病気です。炎症が歯茎だけに起こっているときは歯肉炎といい、その歯肉炎の症状が進行することで歯周病(歯槽膿漏)になります。

そんな歯周病は、歯を失う可能性が最も高い病気といわれています。歯を失うと、食事をすることが困難になるだけでなく、正しい発音ができなくなったり、顔の表情が変わり老けて見られたりするようになることもあります。全身の健康は歯の健康によって成り立っているともいわれているほど、体の中で歯は重要な役割をしているのです。

歯周病が進行をすると、複雑な治療が必要になってくるため、初期段階で治療することが大切です。そこで、初期段階で発見するための「自覚症状」についてご紹介します。

■歯周病の自覚症状
歯周病の初期段階で起こりやすい症状は、「歯を磨いたときの出血」「歯茎の赤みや違和感」です。出血をしている場合は自分でもわかりますが、歯茎の赤みや違和感は判断しにくいものです。しかし、歯周病を初期段階で発見するためには少しの腫れや赤みなども気にかけておきましょう。少しの変化にも気がつけるように、「歯磨きをしたときに毎日鏡でチェックする」ということも大切です。

初期段階から少し進行すると「口臭や口のネバつき」などの症状を感じるようになります。歯周病は、口臭の原因ともなる病気です。口臭は自分で気がつきにくいものですが、口臭がきつくなっているような気がするという場合や、口の中がベタベタするようになってきたと感じるようになれば、一度、歯医者に行き診察してもらいましょう。

そして、さらに歯周病が進行すると「歯茎が下がってくる」「歯の隙間に食べ物が挟まりやすい」「歯がグラグラする」というような症状がでてきてしまいます。ここまで進行すると、パッと見ただけでも変化に気がつくことができます。この段階になってやっと歯医者に行く人が多いのですが、ここまで症状が進行すると複雑な治療が必要になる場合がありますので、やはりもっと早くに気がつき、歯医者に行くことが賢明です。

■歯医者で定期検診を受けよう
歯周病は、食生活やきちんと歯磨きができていないことが原因となって、歯と歯茎の境目付近に細菌が増殖することで始まります。
冒頭で歯周病は、加齢とともにかかるリスクが高まるとお伝えしましたが、実は子どもや若者でも歯周病にかかるリスクはあります。なぜなら、歯周病は体の抵抗力が弱まることで症状が出てくることがあるからです。
小さい子どもであれば、自分自身できちんと歯磨きができないこともありますし、自分自身で歯や歯茎の変化に気がつきにくいものです。ですから、小さい子どもの歯の変化には、両親などの大人が気づいてあげましょう。

また、歯医者で定期検診を受けることも大切です。歯周病の初期症状である歯茎の赤みや違和感は判断がしにくいものです。自覚症状がなかったとしても最低でも年に1回、できれば半年に1回くらいは定期検診を受けることをおすすめします。

■早ければ早いほど簡単に治療できる
初期段階で発見することができれば、歯周病に対する正しい歯磨きをすれば改善できますし、細菌を除去するだけの治療で済む場合もあります。しかし、症状が進行すると、炎症が広がり歯を支える骨も溶かされてしまいます。ついにはポロリと歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

歯周病だけに限ったことではなく、どのような病気においてもいえることですが、発見が早ければ早いほど簡単な治療で改善することができます。年齢を重ねても歯を維持し、快適な食生活を続けていくには、歯周病予防がとても大切です。

一覧へもどる