よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

歯周病

歯周病と虫歯の両方がある場合、どちらから先に治療しますか?

虫歯と歯周病どちらの病気にもかかっている場合は、基本的に歯周病の治療を先に行います。
それでは、なぜ歯周病の治療を先に行うのか、その要因について詳しくご紹介します。

■歯周病を先に治療する要因
虫歯と歯周病はどちらも歯科での治療が必要な病気で、同時に2つ発症していることもあります。この場合、基本的には歯周病の治療を先に行うのですが、なぜ虫歯ではなく歯周病を先に治療するのでしょうか。ここでは、その要因について詳しくご紹介します。

・詰め物に血が混じるなどの問題を避ける
歯は、骨と歯茎によって安定性が保たれており、この2つの土台に問題が発生するとすぐに不安定な状態になってしまいます。歯周病は歯の土台となる骨の部分を溶かしていくという症状があるため、歯周病を治さずに虫歯の治療を行うと、歯がグラグラと動いて治療に危険が伴います。また、歯周病にかかると、歯茎が腫れて出血しやすくなってしまいます。虫歯の治療で使われる樹脂の詰め物に血が混じると、歯との接着が弱まり、せっかく虫歯を治療して詰め物をしてもすぐにはずれてしまう可能性があります。そのため、虫歯と歯周病どちらにもかかっている場合は歯周病を先に治し、歯の安定性を取り戻すのです。

・歯を削る機械が使えなくなる
虫歯の治療には、虫歯にかかっている歯の一部を削るための機械を利用します。虫歯の治療を一度でも行ったことがある人など、誰でも知っている先端の尖った機械です。歯周病によって、歯の土台が揺れている場合、機械で歯を削っている際に滑って口内を傷つける、または、健康な歯を削ってしまう恐れがあります。万が一頬などの粘膜が傷つくと、その治療にも工程を割かなければならなくなり、虫歯や歯周病の治療が遅れてしまいます。そのため、まずは歯周病を治して、歯の安定性を保ってから虫歯の治療を行うのです。

■プラークコントロールによって歯周病治療
歯周病の治療では、プラークコントロールと呼ばれる方法が使われます。プラークとは歯垢のことですが、歯垢は歯周病菌の温床となっています。このプラークの量を減少させ、消毒することによって、歯茎の炎症を静めます。歯茎の炎症が落ち着くと出血が止まり、歯茎が引き締まって安定します。歯茎が安定すれば、安心して虫歯治療をはじめることができます。

■初期の虫歯
初期状態の虫歯では、ほとんどの場合、歯周病の治療を先に行います。それは、初期の虫歯であれば、歯科でのプラークコントロールや殺菌などの簡単な処置によって進行を遅らせることができるからです。まだ虫歯による痛みをそれほど感じないという場合は、安心して歯周病の治療を先に行いましょう。
ただし、夜も眠れないほどの痛みがあるなど、虫歯が進行して神経や歯の根まで進んでいる場合は、例外的に虫歯の治療を先に行う場合もあります。痛みによって仕事や生活に多大な影響が出る場合がありますし、虫歯の菌が顎の骨に到達すると体全体に虫歯の菌が感染して、命の危険になることもあります。
歯周病と虫歯の治療では、基本的に歯周病の治療を先に行いますが、虫歯の進行状態によっては、虫歯治療を先に行う場合もあるのです。

虫歯と歯周病、どちらにもかかってしまった場合、歯周病の治療を先に行う場合が多いですが、医師になぜ歯周病の治療を先に行うのか、しっかり質問しておいた方がいいでしょう。疑問を抱いたまま治療を進めるよりも、すべての理由を明確にしておいた方が安心して治療を受けることができます。
また、医師が歯周病の治療を先に行うと判断した場合でも、虫歯の痛みがあまりにひどい場合は、医師に相談して虫歯の治療を先に行えないかどうか聞いてみるのも必要です。

一覧へもどる