よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

歯周病

歯周病の治療方法について知りたいです。

歯周病は、歯を支える骨が歯周病菌の影響で溶けてしまう、歯茎の病気のことをいいます。日本での歯周病は約8割以上。国民病ともいわれています。歯周病の治療は、進行度によって異なってきますが、重症化してしまうと1年以上の治療期間が必要となります。歯周病は虫歯とは異なり、痛みがないため自覚症状がない特徴があります。見つけたときには、悪化しているといった状態にならないように、定期的に歯医者で検査を受けるなどの習慣をつけるようにしましょう。

■歯周病の治療方法の流れについて

・プラークコントロール
プラークコントロールとは、口の中にいる細菌を自分でコントロールすることをいいます。歯石はプラークをつけやすくしてしまいますので、歯石とプラーク両方の除去が必要となります。プラークコントロールは、日常生活で行うことができますので、意識した生活を心がけましょう。

・歯周病の進み検査と歯茎の状態をチェック
プラークコントロールできるようになってきたら、歯石を取り除く工程に入ります。このとき、歯茎の状態を見て、歯石の除去を行います。もし状態が悪かったりすると、歯石のつきやすい環境になってしまいますので、注意が必要です。そして、歯石の除去の前にはレントゲンと歯周ポケットの深さをチェックします。歯周ポケットの深さを測定することで、歯周病がどのくらい進んでいるのかを知ることができます。

・歯石の除去
歯茎の状態などすべてがクリアになったら、歯石の除去を行います。歯石は、縁上歯石と縁下歯石の上下にあるものを、検査結果を元に取り除いていきます。歯石の除去が終わり、しばらくして歯茎の状態や歯周ポケットの深さを測定し、問題なければ歯周病の治療が完了となります。

■歯周病治療で改善が見られないときの治療方法

・フラップ手術
プラークや歯石除去を行っても、歯周病を改善することができないときにはフラップ手術をすることになります。これは、歯茎を捲り上げ、歯石除去を完璧に行います。フラップ手術は、レントゲンでは見付けることができなかった歯石があったときに行うことが大半です。

・歯周組織再生療法
この方法は、歯周病で失った骨を人工再生することをいいます。この手術は、保険適用外となっていますので、実費となります。

・歯肉切除術
この手術は、歯周ポケットが深くなった場合に行います。歯肉を切り、歯周ポケットを浅くします。

■再発しないための方法

・定期的なメンテナンスで予防
一度歯周病治療を受け、すべての治療が終わったとしても、環境が前と同じになってしまえば再発してしまう可能性もあります。ですから、治療が終わったと安心して、元のメンテナンスをしない生活に戻ることはやめましょう。長い治療生活から開放されると、定期検診などに行くことをすっかり忘れてしまいます。歯周病治療は、長い時間がかかりますので、未然に予防や対策を行う為にも定期メンテナンスを受けるようにしましょう。

・正しいブラッシングを身につけよう
歯周病は、細菌によってどんどん悪化してしまいます。ですから、原因となる細菌を歯に付着させない為にも、ブラッシングをきちんと行う必要があります。この時、ただ磨けばいいというわけではなく、正しい方法で行うことが大切です。間違った方法でブラッシングをすると、逆に歯茎が傷ついてしまいますので注意しましょう。

・生活習慣の見直しも歯周病予防になる
歯周病の元になっている細菌は糖分を食料にして、増殖していきます。ですから、糖分の多い食事ばかりしていると歯周病になりやすい口内環境を作り上げてしまいます。さらに糖分の摂り過ぎは、糖尿病や肥満にも関わってきます。悩みがどんどん多くなってしまいます。次から次へと、病気を招くような危険な生活をするのではなく、歯はもちろんのこと体に優しい生活を送るようにしましょう。

一覧へもどる