よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯が原因で歯が欠けることはありますか?

■歯が弱くなることで欠けやすくなる
虫歯が原因で歯が欠けることがあります。虫歯は、口内にいる細菌が糖質と結びつくことによって酸を放出するプラークが作られ、そのプラークによって歯が溶けてしまう病気です。糖質は、お菓子やジューズだけでなく、パンやお米にも含まれています。細菌は糖質を餌にしていることから、糖質を多くとると虫歯になりやすいといわれています。通常は、食後に唾液の力で酸を中和しますが、食事をする回数が多いと、口内が酸性になる時間が長くなることから中和されにくくなり、虫歯のリスクが高くなってしまいます。

虫歯を放置してしまうと、歯の内部にまで虫歯が広がってしまいます。歯の表面に異常がみられなかったとしても、虫歯が進行して歯の内部がスカスカの状態になっていることがあるのです。歯の内部がスカスカになると、歯は弱くなってしまうことから、歯が欠けやすくなってしまいます。

虫歯が原因でなくても、歯ぎしりで歯が弱くなってしまう、酸性の食べ物を摂取して酸蝕歯になってしまうなどが原因で歯が欠けてしまうことがあります。ただ、歯が欠けるのは虫歯が原因であることが多いといわれています。いずれにせよ、歯が欠けてしまったというとき、放置しておくのは危険です。

■歯が欠けてしまったときに考えられること
歯が欠けてしまったにも関わらず放置すると、固い物を食べるなどが原因でさらに歯が欠けてしまう可能性があります。また、歯が欠けてしまったことで先端が尖り、唇や舌を傷つけてしまう可能性もあります。歯が欠けてしまってもすぐに治療が受けられない場合には、唇や舌を傷つけないよう気をつけることが大切です。

また、歯が欠けると磨き残しが生じやすくなります。それにより、どんどん歯に汚れが溜まってしまい、虫歯のリスクを高めてしまうことに繋がります。

虫歯で歯が欠けてしまったとき放置してしまうと、「歯の痛み」や「歯肉が腫れる」などの症状があらわれることがあります。虫歯が原因で歯が欠けるのは、症状が進行していることが考えられます。そのため、歯が欠けてしまったら何の対処もせず放置しておくのは止めましょう。早期で歯医者へ行き、適切な治療を受けることが大切です。

■歯が欠けてしまったときに行われる治療
虫歯が進行すると、冷たいものや熱いものを食べたときに、歯がしみるなどの症状があらわれます。このとき、虫歯が歯の象牙質まで到達している可能性があり、歯が欠けてしまうことがあります。象牙質にまで到達した虫歯によって歯が欠けてしまった場合には、プラスチックや金属を埋めるなどの虫歯治療が行われます。

歯に強い痛みが生じたり、歯の神経が露出してしまっていたりするなど重度の症状がみられる場合は、虫歯がかなり進行していることが考えられます。そのようなときには、歯の神経を抜いて治療を行うことがあります。

歯が欠けてしまったときの治療は、保険適用されるものと保険適用外のものとがあります。治療を受ける際は、歯医者に確認しておきましょう。

■虫歯は早めの治療を
虫歯の症状が進行すると、歯が欠けてしまう可能性があります。虫歯が原因で歯が欠けてしまったときには、虫歯が相当進行していることが考えられるため、早めの治療が求められます。虫歯になると歯の溝が黒くなったり、冷たい食べ物や熱い食べ物に敏感になったりと、何かしらのサインがあらわれます。そのサインに気付き、初期段階で虫歯治療をすることで、歯を削らずに済むようになりますし、治療期間もそれほどかかることはありません。虫歯は放置して自然に治るものではないため、歯の異常を感じたら早期に歯医者に診てもらいましょう。

一覧へもどる