よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯予防にはマウスウォッシュを使った方がいい?

歯磨きで口内の汚れを取り除くことはできますが、全ての汚れを取り除けるわけではありません。口内に汚れが残っていると、虫歯になるリスクが高くなります。そのため、歯磨き以外にも虫歯予防の対策を考えなければならないのです。そんなときに役立つのが、「マウスウォッシュ」です。マウスウォッシュは、口内の隅々の汚れまで取り除くことができるため、虫歯予防の効果が期待できます。

■マウスウォッシュには2種類ある
虫歯予防に効果的とされるマウスウォッシュには、「洗口液タイプ」と「液体歯磨きタイプ」の2つがあります。洗口液タイプは、うがいをするだけで終わりです。このタイプのマウスウォッシュは、歯磨きでは届かない歯の隙間の汚れを取り除きます。一方液体歯磨きタイプは、うがいをしてその後に歯ブラシを使って歯磨きをします。通常の歯磨き粉とは違い、液体歯磨きタイプには研磨剤が含まれていません。そのため、歯を削ることなく歯に優しい歯磨きができます。

■虫歯予防には医薬部外品がおすすめ
マウスウォッシュには、口内の殺菌を目的とした「医薬部外品」、口臭予防を目的とした「化粧品」があります。虫歯予防のためにマウスウォッシュを使用するなら、医薬部外品を選ぶのがおすすめです。医薬部外品には薬用成分が含まれていることから、虫歯予防への効果が期待できます。口内の細菌は、歯の表面だけでなく舌や歯茎にもいます。マウスウォッシュを使用することで、専用の液で口内の汚れを除去できます。マウスウォッシュの種類はいくつかあるため、効果を得るためには自分に適したものを選ぶ必要があります。

マウスウォッシュのなかには、アルコール成分を含むものがあり、爽快感が得られます。しかし、アルコール成分を含むマウスウォッシュは、唾液の量を減少させてしまう可能性があります。唾液には、虫歯菌が出した酸を中和させる効果があります。それにより、虫歯になるのを防いでくれるのです。虫歯予防のためには、唾液の量を減少させてしまうアルコール成分の含まれたマウスウォッシュは避けるべきです。

■マウスウォッシュの効果を確実に得るために
マウスウォッシュを使用しているからといって、歯磨きをしなくていいというわけではありません。ですから、マウスウォッシュを使用していても、歯磨きは必ずしましょう。マウスウォッシュで虫歯予防の効果を得るためには、マウスウォッシュの使用前に歯磨きをしておくことです。洗口液タイプを使用する際は歯磨きをしてからマウスウォッシュを使用しましょう。液体歯磨きタイプを使用する際は歯磨きをしてマウスウォッシュを使用し、再び歯磨きをするというような流れで、虫歯菌を抑制できます。

また、マウスウォッシュの効果を得るためにも、口内の隅々まで液が行き渡るようにうがいをすることが大切です。マウスウォッシュは、歯磨きで行き届かない歯の隙間を綺麗にすることができます。また、細菌のいる歯茎や舌などの部分も綺麗にすることができます。マウスウォッシュは、決められた量を使うようにしましょう。「量が多ければ、その分効果を発揮する」ということはなく、量よりもうがいをする時間が大切なのです。約15秒間のうがいで、殺菌効果が期待できるといわれていますが、それより長くうがいすることで、より高い殺菌効果が期待できます。

■マウスウォッシュで口内を綺麗に
虫歯予防をするためには、マウスウォッシュを使った方がよいといえます。歯磨きだけでは取り除けない汚れも、マウスウォッシュを使うことで綺麗に取り除けます。マウスウォッシュを使用すると、口内のさまざまなトラブルの解決に繋げることができます。マウスウォッシュの種類はいくつかありますので、虫歯予防に適したものを選んで使用しましょう。

一覧へもどる