よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯と歯槽膿漏の症状の違いを教えてください。

■歯が溶けてしまう病気、虫歯と歯槽膿漏の違いって?
食べ物を噛んだり、審美性を保ったり、滑舌を良くしたり。歯は私たちが生きる上で欠かせないものです。そんな歯が菌に蝕まれることによって侵されてしまう病気があります。それは、虫歯と歯槽膿漏。どちらの病気も歯が溶けてしまい、進行していくと、最悪の場合では抜歯をしなければ状態にまでなってしまいます。また、ほかの合併症などを引き起こすことも。これらの病気の怖いところは、初期において、ほとんど自覚症状がでないということ。そのため、日々のセルフチェックや定期的な歯科での検診を受けていないと、自分の知らないうちに進行が進み、治療が手遅れになるケースが多いようです。今回は、歯がボロボロになってしまう虫歯と歯槽膿漏という2つの病気について、違いを交えながらご紹介しましょう。

■虫歯って、どんな病気?
虫歯とは、虫歯菌の放出する酸によって歯が溶けていく病気です。この酸を放出する虫歯菌の正体は、「ミュースタンス菌」と呼ばれる菌。このミュースタンス菌は糖分を餌に活発に働き、歯垢を作りだします。そして、歯垢を巣とし、歯垢の中で酸を放出し、段々と歯を蝕んでいきます。
初期の段階では、歯の一番外部にあるエナメル層に歯垢を作り、少しずつエナメル層を溶かし始め、次第にエナメル層の内側にある象牙質、神経部分にまで進行していき、最後は歯の根っこを通して全身にまで侵食を進めていきます。歯の根っこ部分にまで虫歯の進行が及んだときには、歯のほとんどが菌の放出した酸で溶け切っている状態。黒々と汚い色になり、抜歯をする以外、処置の方法がなくなってしまいます。そのため、虫歯を患った際には、まだ進行の浅い初期段階で治療を受けるのがベスト。菌によって開けられた穴に詰め物をしたり、被せ物をしたりすることで菌の繁殖を抑制し、健康な歯へと改善することができます。

■歯槽膿漏ってどんな病気?
歯槽膿漏も虫歯と同じ、歯が溶けてしまう病気です。ただ、歯槽膿漏には虫歯と異なる点がいくつか存在します。まずひとつめは、歯槽膿漏を引き起こす菌は虫歯菌の「ミュースタンス菌」でなく、「歯周病菌」であるという点です。
口内で歯周病菌が繁殖すると、体は歯周病菌から体を守ろうと防衛本能から炎症を起こします。この炎症反応は、体が菌をやっつけるために起こすものなのですが、それと同時に自分自身の歯を支える骨を溶かしてしまう厄介なもの。これが、歯槽膿漏です。骨が溶けていくと、炎症が起こっていることもあり、歯茎と歯骨の間から膿が溢れてきます。この膿は歯茎にどんどん溜まっていき、体の抵抗がなくなっていくにつれて腫れなどを起こすようになります。その結果、強い痛みを感じるようになります。この痛みこそ、歯槽膿漏で感じる痛みです。

■虫歯、歯槽膿漏、それぞれの治療とは?
虫歯の治療では、虫歯菌によって開けられた穴に殺菌効果のある薬を使い、その上から被せ物や詰め物をして、菌の繁殖を阻止します。ただ、この治療法は初期虫歯にのみ適用されるもので、前項でもお話した通り、抜歯するほか術がなくなってしまいます。手遅れ状態の虫歯を防ぐためにも、日頃から歯医者へ検診に行き、虫歯があるかどうかのチェックを怠らないようにしましょう。食べた後に歯磨きやうがいをするなども効果的です。
虫歯の治療に対して歯槽膿漏の治療では、抗生物質と消炎鎮痛剤を用いて炎症を抑え、歯の周辺の歯石や膿を綺麗に取り除く処置が行われます。その後、歯科衛生士から正しい歯磨き方法などを学び、弱った歯茎を引き締めていきます。こうすることで歯周ポケットの広がりが改善されていき、歯周病の悪化を食い止めることができます。しかし、この治療法も虫歯と同様、初期の状態にしか適用できない治療法です。進行が深い場合には抜歯するほか施しようがなくなってしまうため、歯周病や歯槽膿漏も早期発見からの初期治療を受けるのがベストといえます。

一覧へもどる