よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

薬で虫歯治療ができると聞いたのですが本当ですか?

虫歯の治療には、歯科での歯を削る治療や詰め物による治療が必要です。症状が重度の場合には、根幹治療や抜歯を行わなければならないことも。一般的に、これらの施術による治療でなければ虫歯を完治させることは難しいとされています。
しかし、中には薬で虫歯が治療できるケースもあります。今回は、薬を使った虫歯治療についてご紹介します。

■初期の虫歯を削らずに薬で治療する方法
施術に頼らず、虫歯を薬で治療する方法についてご紹介します。

・フッ素で固める
虫歯の治療薬の中には、歯の表面のエナメル質にできた初期の虫歯の進行を止める薬があります。これは高濃度のフッ素を配合した薬で、患部につけることで菌をフッ素と反応させ、凝固を起こします。薬自体はキャラメルのような色をしており、治療後24時間、歯磨きを行わないようにすれば、しっかり菌が凝固されます。これにより、虫歯の進行を止めることが可能です。
まだ歯を削る機械を使うことができない小さい子供の虫歯治療でよく使われており、口内をキレイに殺菌・消毒したあと、患部に直接薬を塗るだけで虫歯を治すことができます。
自宅でも治療ができる上、保険適用外なのに低コストなところも魅力的です。

・神経を抜かずに治療する
虫歯が進行して神経にまで到達してしまった場合に利用される薬が、カルシウムイオン配合のセメント式の薬です。虫歯の穴に直接塗りこむことで歯の奥を消毒して、殺菌することができます。神経の手前まで虫歯になっている部分を削り取り、そこに薬を塗ります。この薬には強いアルカリ性の成分が含まれているため、菌を死滅させる力があり、神経を抜かずに治療することができます。また、薬に配合されているカルシウムイオンの力によって、失った歯を再生する力もあります。

・抗生物質
抗生物質の殺菌作用も、虫歯の治療に使われています。歯の表面の虫歯を削り取り、3種類の抗生物質をブレンドした薬を歯の上に置き、菌に浸透させることで虫歯菌を退治します。虫歯が悪化して、神経、歯の根にまで及んだ場合でも効果が現れます。保険は適用されませんが、0円〜3,000円と低価格で治療を受けることができます。

・ミネラルを使った治療
虫歯の殺菌、予防と歯の再生に効果を現すのがミネラルを使った薬による治療です。口内で長期間に渡ってミネラルを出しつづけ、虫歯を殺菌しながら歯の再生を助ける働きがあります。また、ミネラルによって守られた歯には菌が付着しにくくなるため、虫歯の予防にも効果的です。

・虫歯を柔らかくする薬
菌に蝕まれた歯の部分を柔らかくして取り除く薬があります。この薬を使えば、虫歯部分に薬を塗り、小さなスプーンでこそぐだけで簡単に虫歯を取り除くことができるのです。機械を削って取り除く場合には痛みや振動を強く感じる場合がありますが、この薬を使って治療すれば、麻酔なしでも痛みや振動を感じずに虫歯を治療することが可能です。

■虫歯の予防に効果的な薬
虫歯の予防に効果的な薬としては、タブレット式のタイプが有名です。口内の菌を殺菌する成分が配合されており、舐めるだけで口内の菌を退治することができます。虫歯だけでなく、歯周病や口臭予防にも有効です。歯磨きの後にタブレットを舐めるだけで口内を殺菌して、良い菌だけを定着させることができます。

ここで紹介したさまざまな薬を利用して治療すれば、症状によっては薬だけで虫歯を完治・予防することができます。どうしても歯を削る、または神経を抜く治療を受けたくないという人は、薬による治療で完治できないかどうか、一度かかりつけの歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

一覧へもどる