よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯の痛みがなくなりました。治療しなくても大丈夫ですか?

■虫歯って放置していたら治るの……?それは、大きな間違い!
歯が痛むことで知られている虫歯。しかし、虫歯の痛みは時に治まり、「治ったんじゃないか」と勘違いさせるようなことがあります。歯が痛くなければ、日常生活に何の差支えもありませんし、多くの人はつい虫歯を放置してしまいます。「痛みが治まったし、放っておけばいいや」。しかし、それは大変危険。虫歯の痛みがなくなったからといって、それは治ったというわけではありません。虫歯は初期の頃よりも、どんどん悪化しようとしています。今回は、多くの人が勘違いしてしまう虫歯の痛みについてご紹介しましょう。今、虫歯の痛みが治まったからといって勘違いしているあなたは、いてもたってもいられなくなるはずです。

■初期の虫歯が痛くないのはどうして?
虫歯を患っている人は、大抵こう言います。「最初は、全く痛みを感じなくて、自分が虫歯にかかっていることに気付かなかった」と。確かに、初期の虫歯は、ほとんど痛みを伴わないものです。というのも、初期虫歯では、歯の表面部分のエナメル質というところにしか虫歯菌が及んでいません。この部分には神経が通っておらず、痛みを感じないのもそのためです。しかし、この時点で虫歯に気づかないと、大変危険。虫歯菌は、いつまでもエナメル質にとどまってはくれません。エナメル質に侵入した後には、エナメル質のさらに奥にある象牙質に侵入。この部分の奥の方には神経が通っており、だんだんと痛みのような刺激を感じるようになります。つまり、虫歯で痛みを感じる頃には、すでにエナメル質に菌が侵入し、その中まで菌が及んでいる状態。けっこうな度合いで、虫歯が進行してしまっているのです。

■象牙質に侵入した虫歯を放置していると、どうなるの?
エナメル質、象牙質、徐々に侵入経路を深くしていった虫歯菌。象牙質の後はどこを蝕んでいくのかというと、神経を直撃することになります。神経を直で蝕まれてしまうと、その痛みはとても強くなります。いてもたってもいられなくなり、歯医者に駆け込むことに。しかし、稀に、痛みに何とか耐え、歯医者へ行かない人がいます。このような人は、痛み止めなどを使って痛みを抑え、何とかその場をやり過ごそうとするようです。すると、次第に痛み止めを飲まずとも痛みが消えていきます。あんなに痛かった歯が痛くなくなったということで、ほとんどの人は「もしや治ったのではないか……?」と油断してしまうようです。

しかし、激痛が消えたとき、それは大変危険な状態。痛みが消えたのは、虫歯が治ったからではなく、ただ神経が死んでしまっただけなのです。そう。虫歯が痛くなくなったとき、それは虫歯が奥の奥まで侵入し、神経を破壊してしまった証拠。

■痛くない虫歯を放置したままにすると、どうなるの?
神経が死に、痛みを感じなくなった虫歯。「痛くないし、平気!」と、まだこの時点でも歯医者に行かない人がいるようです。ですが、絶対に放置は禁物です。というのも、神経にまで達した虫歯菌が次に蝕もうとするのは、歯の根っこ。根っこを責めた後には、顎の骨。その次には、血管……。そう、最初は歯だけを蝕んでいた虫歯菌ですが、侵入経路が深くなればなるほど、全身までも蝕もうとするのです。血管を虫歯菌に侵されてしまうと、血管を伝って虫歯菌は全身へと巡っていきます。その結果、脳、心臓といった生命に影響を与える臓器にも影響を及ぼし、最終的には死んでしまうこともあるのだとか……。放置が命取りとなる虫歯。命を守るためにも、虫歯を患った際は、とにかく歯医者へ行きましょう。歯医者への一歩が、あなたの命を救います。

一覧へもどる