よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯になったとき一般的に行われる治療を教えてください。

虫歯は進行度合いによって、治療方法が変わります。ここでは症状ごとの一般的な虫歯の治療方法についてご紹介します。

■虫歯の症状がまだ軽い場合
軽度の虫歯は、まだ神経に達していないため、短時間の治療で完治させることができます。

・詰め物治療
軽度の虫歯の場合に行われる方法では、歯を削る機械と詰め物が使われます。虫歯の進行具合に合わせて表面を削り、詰め物を入れます。虫歯が浅い場合はプラスチックの詰め物を、少し深い場合は、銀で詰め物を作成するため、一度目の治療で歯型を取り仮の詰め物を入れます。二度目の治療で、銀歯をはめ込み、かみ合わせに問題がないかなど確認、調整、治療完了となります。

■虫歯が進行して、神経に到達した場合
虫歯が進行して、神経の炎症を引き起こしている場合は、神経を抜き取る施術を行わなければなりません。ここでは神経を取り除く治療についてご紹介します。

・根管治療
虫歯が歯の表面から神経にまで達してしまった場合、一般的に根管治療が行われます。根管治療とは歯の神経を取り除く治療で、詰め物治療よりも長い時間が必要です。まずは、歯を削り神経を露出させます。次に露出した神経を専用の器具で取り除き消毒。消毒して炎症を落ち着かせた後、取り除いた部分を薬で埋めていきます。

神経を取り除いた歯は空洞となり、歯の管の中に空気や菌が侵入してしまいます。それを防ぐために、ガッタパーチャと呼ばれるゴムのような薬を緊密に詰め込んで隙間なく密閉。菌や空気が入り込む隙間をなくします。最後にレントゲンで、歯の内部に空洞がないかどうかを確認します。しっかり密閉されていることが確認できれば完了。初診から治療完了までは、1〜3か月程度です。治療後に痛みを感じる場合は、空洞がどこかにあるか、虫歯菌による炎症が残っていると考えられるので、痛みを少しでも感じたら検診を受けるようにしましょう。

■虫歯が悪化して、抜歯が必要になった場合
虫歯が神経を越えて歯の根っこまで進行した場合、抜歯が必要になります。歯は、それぞれが支えあうことによってバランスを取っているため、1本でも歯がなくなると歯並びが崩れて噛み合わせに問題が発生してしまうのです。そのため、抜歯後なくなった歯を埋める治療を行わなければなりません。
ここでは、抜歯後の3つの方法をご紹介します。

・ブリッジ
ブリッジは、失った歯の両脇の歯を支柱として使い、そこに両脇と一体型の人口歯を取り付けて補強する方法です。ブリッジをはめ込む際に、ぴったりとフィットさせるため、両脇の歯を削る作業を行う必要があります。ガタつくことなくぴったりと固定できるので、失った歯が1〜2本程度の際には有効な方法だといえます。

・部分入れ歯
部分入れ歯は、取り外し式の入れ歯を使って、失った歯を補う方法です。ブリッジに比べると安定性に欠ける部分がありますが、短時間の簡単な治療で完了するほか、保険が適用されるので比較的安く治療を受けることができます。

・インプラント
インプラント治療とは、歯を失った部分に新しい歯の根っことなるインプラントを埋め込み、その上から人口歯を取り付ける方法です。安定性が高く、まるで自然の歯のように違和感なく扱うことができます。治療には手術が必要になるほか、費用も少しかかるのが難点だといえます。

虫歯治療では、上記の詰め物、根管、抜歯後の3つの治療(ブリッジ、部分入れ歯、インプラント)が行われます。症状が悪化するごとに、治療時間、費用、痛みが増していくので、歯に痛みを感じるようであれば早めに検診して、簡単な治療で虫歯を治療してもらうとよいでしょう。

一覧へもどる