よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

初期虫歯はどのような治療を行うのですか?

初期虫歯は、虫歯の進行度を示す記号ではC1となります。歯の表面のエナメル質が溶け始めている状態で、小さな穴が開いています。文字通り虫歯の初期段階であるため、ごく簡単な治療を行うことで治せます。それだけでなく、初期虫歯はセルフケアで対処できる場合もあるのです。

■家庭でのセルフケア
歯のエナメル質は、口内にいる菌によって溶かされていきます。初期虫歯は、この菌によって溶かされ始めた初期段階です。このまま放っておけば虫歯は進行していきますが、歯には再石灰化作用があるため、ある程度は溶けた部分を自己修復してくれます。しかし、再石灰化は進むスピードが遅いため、ケアをしなければ溶け出すスピードの方が早くなり、結果的に虫歯の進行が進んでしまいます。自己修復ができるのは初期虫歯の段階だけなので、日頃からセルフケアをしっかりする必要があります。

初期虫歯を治すためのセルフケアには、次のようなものがあります。ひとつは、フッ素入りの歯磨き粉で歯を磨くこと。フッ素には再石灰化を促進する効果があり、また、歯を強くするとされています。虫歯菌に作用して酸の生成を抑制し、虫歯改善・予防に大きな効果があるとされています。もうひとつ、ガムを噛むというのも大きな効果が期待できます。歯の再石灰化には唾液の分泌が大切で、これによって歯垢内のpH(水素イオン指数)が上昇し、中性に保って歯が溶けるのを防ぎます。この唾液を分泌させる方法のひとつが、ガムを噛むことなのです。特に虫歯に効果的だとされているキシリトールガムが推奨されています。

■歯医者での治療
自宅でのセルフケアだけでは不安だ、という場合も当然あるかと思います。初期虫歯の段階で確実に治したいという場合、やはり歯医者での治療を行うべきでしょう。初期虫歯の治療では、歯を削る方法と削らない方法があります。それぞれの方法についてご紹介しましょう。

・TBI(歯磨き指導)
初期虫歯を治すための最も基本的な手段は、正しい歯磨きです。普段からきちんと歯磨きができていると思っていても、歯医者から見ればきちんと磨けていないことがほとんどです。そういった歯医者視点でのきちんとした歯の磨き方を指導し、虫歯の発生しにくい口内環境を整えます。個人によって磨き方も異なるため、その人に合わせた指導を行います。

・PMTC(クリーニング)
PMTCは Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、スウェーデンで考案された歯のクリーニングです。歯の各部位に合わせた機械を使って隅々まできれいにするため、口内環境が大きく改善されます。歯面など広い範囲にはカップタイプのクリーナー、歯間部や歯周ポケットにはコーンタイプのクリーナー、歯間部や臼歯の噛合面にはブラシタイプのクリーナーなどが使われます。

・フッ化物歯面塗布
セルフケアの項目でもご紹介したように、フッ素は歯の再石灰化を促したり虫歯菌の活動を抑制したりと、虫歯の治療・予防において大きな効果があります。セルフケアではフッ素入りの歯磨き粉を使うことくらいしかできませんが、歯医者での治療であればフッ素を直接歯に塗布することもできます。それが、フッ素化物歯面塗布です。フッ素を有効に働かせるため、一般的にはPMTCを行った後にフッ素を塗布します。

・詰め物
削る治療の場合は、コンポジットレジンやセラミックなどの詰め物を使います。コンポジットレジンの場合は保険診療ですが、セラミックの場合は自費診療となります。虫歯になっている部分を削ったあと歯の型をとり、詰め物をつくって虫歯の跡に被せます。初期虫歯であれば削る範囲は極めて小さく、型に合った詰め物をつくるために複数回の通院が必要なものの、治療自体は一度で済みます。

一覧へもどる