お役立ちコラム

歯周病によって発生してしまう口臭

口臭

■歯周病が招く口臭
口臭の原因には、いろいろなものがあります。たとえば、虫歯。虫歯になると、歯の中や歯茎が虫歯菌によって蝕まれ、炎症が起こります。すると、歯や歯茎で膿が発生し、嫌な臭いが……。それが口から外へと漏れてしまい、口臭となります。また、口臭には生理的原因で生じるものもあります。たとえば、緊張。緊張すると、自律神経のバランスが乱れ、唾液腺の働きが悪化します。その結果、口の中が乾燥状態に陥ってしまい、強い口臭が出てしまいます。このほか、生理的口臭には、起床時の口臭やストレスを感じたときの口臭などがあり、全て生理的な原因で口の中が乾いてしまうために起こるものです。生理的な口臭は、水分補給や口臭ケアに気を遣うことで改善することができます。しかし、虫歯などの疾患が原因で生じた口臭は、口臭ケアだけでは根本的な改善は望めません。疾患を治療しない限りは、完治は見込めないのです。なお、虫歯同様に口臭が出てしまう口の中の疾患としては、歯周病が挙げられます。歯周病も虫歯同様、歯や歯茎に炎症を起こします。その際に膿がでてしまい、強い口臭となってしまうようです。今回はそんな歯周病と口臭の関係性について、ご紹介しましょう。

■どうして歯周病になると、口臭が出るの?
歯周病になると強い口臭が出てしまいます。それには、以下の歯周病のメカニズムが関係していました。

・歯茎の腫れ
歯茎に歯垢が付着したまま放置していると、歯茎が腫れ、出血が起こります。この出血の臭いは生臭く、これが口臭となって外に漏れてしまうようです。デンタルフロスを行った際、高い頻度で出血が見られる人は要注意です。

・細菌の発酵臭
歯周病になると、歯周ポケットの中で細菌が繁殖。放置すればするほど細菌は繁殖していき、結果、歯周ポケットの中で細菌が出す成分によって発酵が起こります。発酵が起こると細菌が腐敗し、嫌な臭いが発生。これが口臭となってしまいます。

・歯茎の膿
歯周ポケットの深さが増していくごとに、歯茎の中に膿が溜まってしまいます。膿は、白血球や細菌の死骸でいっぱい。それらの腐敗臭が口臭となってしまいます。

■歯周病の口臭を予防・改善するには
・正しい歯磨き方法を知る
歯周病を予防するには、日頃のデンタルケアが何より大切。毎日、正しい歯磨きを行うことで、歯周病の原因となる歯垢や歯石をキレイに取り除くことができ、歯周病を予防することができます。とはいえ、正しい歯磨き方法は、自分ではなかなかわからないもの。歯医者へ行った際、歯科衛生士さんからアドバイスを受け、正しい歯磨き方法を学ぶことをおすすめします。

・定期的に歯石をとる
歯垢が歯茎や歯に付着した状態を放置していると、それは後に歯石と化してしまいます。歯石は歯磨きでは取りにくい上、嫌な口臭を作り出してしまいます。また、歯周病菌の巣となり、歯周病の症状の悪化を招くものでもあります。口臭予防はもちろん、歯周病の悪化を防ぐためにも、定期的に歯科へ通い、歯石除去をしてもらいましょう。歯石を取るだけで口臭はかなりマシになりますし、口の中もサッパリとして清潔感に溢れます。

・歯周ポケットの中を清潔に保つ
歯周病によって歯周ポケットが深くなればなるほど、そこに細菌が溜まり、炎症が起こります。歯周ポケットが深い方は、細菌の繁殖を防いで口内を清潔に保つためにも、定期的に歯科へ通い、歯周ポケットの中を掃除してもらうようにしましょう。

・重度の歯周病に侵されている歯は、抜く
歯の根っこまで歯周病菌が及んでしまっている歯は、抜くのがベストです。歯周病の進行した歯は、放っておいても回復の見込みはありません。膿が止まらず、炎症を起こし続け、強い口臭を出してしまいます。お口の健康のためにも、口臭エチケットのためにも、抜歯してしまうのが一番といえます。

一覧へもどる