お役立ちコラム

あなたの舌苔は正常? 口臭の元である舌苔をチェック

口臭

■舌につく苔? 舌苔(ぜったい)とは
舌苔とは、舌の表面に食べかすや細菌、粘膜が付着したものを指します。唾液の分泌が少なく口内が乾燥した際や、免疫力が低下して細菌が繁殖した際にあらわれるほか、消化器系の疾患やさまざまな要因によって見られる症状です。舌についた舌苔の状態をチェックすることにより、自身の健康状態をチェックすることができます。
食べかすや細菌が固まった舌苔自体や、異常な舌苔があらわれる口内環境が口臭の原因とされており、口臭予防のために舌苔の状態をチェックすることは大切です。

■異常な舌苔とは? 舌の状態をチェックしましょう
舌の色や舌苔の状態をチェックすることで、口臭をはじめ体の健康状態をチェックすることができます。正常な状態の舌は薄い赤色をしており、舌先と縁を除いた全体に薄く白い舌苔がついています。歯や歯ぐきの状態とともに、舌の状態も定期的にチェックするように心がけましょう。

・白く厚い舌苔
舌の表面にあらわれる白く分厚い舌苔は、疲労時や代謝が悪くなっているという体からのサインです。風邪をひいて高熱が出ているときや、口内炎が出ているときに多く見られます。不眠症や精神的なトラブルを抱えているなど、自律神経が乱れているのも原因の1つとされています。脱水や唾液の分泌が少なくなっているために、舌の自浄作用がうまく働いていないといった原因が考えられます。
よく見られるのは舌の表面の中央や奥側ですが、舌のふちや裏側まで白くなっている場合、白板症という病気が疑われますので、口腔外科の診察を受けることをおすすめします。

・黄色っぽい舌苔
黄色っぽい舌苔は、熱や病気や続いた場合や、胃腸の不調が原因だと考えられます。慢性的な胃炎や消化不良、便秘によって薄黄色の舌苔があらわれます。症状が進行すると黄色が濃くなる傾向があります。さらに、喫煙も大きく関係しているとみられており、喫煙本数が多い場合にも黄色っぽい舌苔がみられます。
黄色の舌苔がみられる場合には、喫煙を控え、胃腸に優しい食生活を心がけることによって解消されます。それでも舌苔がなくならない場合には、消化器科の診察を受けましょう。

・黒っぽい舌苔
白や黄色の舌苔の原因である病状が進行した場合、灰色や黒っぽい舌苔がみられることがあります。高熱や脱水、感染症などの原因が考えられますが、細菌が原因である場合もあります。
抗生物質を服用していたり、口内を不潔な状態にしたりしていると、口内の細菌のバランスが悪くなり、黒色色素を生産する細菌が増殖することによって黒っぽい舌苔があらわれることがあります。多くの場合抗生物質の服用をやめたり、体調が回復することによってごくまれに黒色腫などの腫瘍が疑われる場合もありますので、舌が黒っぽいと感じたら口腔外科で相談してみましょう。

・舌苔がない
舌苔がない状態は、呼吸器系にトラブルを抱えているか、栄養状態が悪く代謝機能が落ちている人に多く見られます。体がむくんでいたり、冷えやのぼせの症状が出ている場合は、舌苔が薄い、あるいはまったくない状態になることがあります。冷たい飲食物を控え栄養バランスのとれた食生活を意識し、軽い運動をするなど抵抗力の向上に努めましょう。

・舌苔が剥がれまだらになっている
舌苔がところどころ剥がれ、地図のようになっている状態を「地図舌」と呼びます。アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人によくみられる状態です。ほかにも、胃腸が弱っている、栄養バランスが悪いといった状態の際にも地図舌が見られます。胃腸のケアと栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

・赤いブツブツが目立つ
特に舌先の方に赤い点が目立つ舌は「木苺舌」と呼ばれ、精神的なトラブルを抱えている人に多く見られる状態です。特に女性は自律神経失調症や更年期障害などにおいてよく舌に赤いブツブツがあらわれます。ストレス解消に努め、生活環境を改善することで回復します。
ただし、舌がイチゴのようになっている際に高熱や湿疹が出ている場合にはほかの病気が疑われますので、すみやかに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

■舌のお手入れは慎重に
舌苔は通常、特に病的なものではないため、必ずしも取り除く必要はありません。ただし過剰についた舌苔は口臭の原因となっている場合もありますので、舌ブラシで余分な舌苔を取り除くことにより口臭を予防することができます。舌の細胞は非常にデリケートですので、舌を洗浄する場合は専用の舌ブラシを正しく使用し舌の細胞を傷つけないことが大切です。

一覧へもどる