お役立ちコラム

皆が持っている歯ブラシで口臭チェックができるんです!

口臭

■わたし、もしかして臭う? 歯ブラシで簡単口臭チェック
人前に出るとき、身だしなみと同じくらい気を使いたいのが口臭。せっかくおしゃれをして出かけたのに、楽しいお喋りの途中で顔をそむけられた……。という悲しいことは避けたいですよね。今回は、自宅にある歯ブラシだけで簡単に口臭をチェックができる方法をご紹介します。

■歯ブラシで口臭チェックする方法とは
口臭をチェックするときは、毎日使っている歯磨き粉を使わずに水だけで歯を磨いてください。それ以外はいつもと同じ歯磨きで構いません。ひと通り磨き終わったら、水で洗い流す前に歯ブラシの臭いをかいでみましょう。歯磨き粉を使わずに磨いたあとの歯ブラシには、口の臭いがついています。歯ブラシから嗅ぎとった臭いが、自分自身の口臭です。ただし、毎日使っている歯ブラシですから、何かしらの臭いがついています。口臭チェックの前に、歯ブラシに何か臭いがついていないか確かめてください。
ちょっと勇気がいる方法ですが、自分自身で口臭を確かめられる最も簡単な方法ともいえます。口臭をチェックしたら、口臭の原因についても考えてみましょう。

■なぜ、自分の口から臭いがするのか
口臭の原因はさまざまですが、中でも気をつけたいのが「歯周病」です。歯周病は細菌が歯肉(歯茎)と歯の間で繁殖し、炎症を起こしたり腫れてしまったりする病気です。歯周病が進行する過程で細菌が活発になると、口臭のもとになるガスを発するため、歯周病と口臭は切っても切れない関係があるのです。歯周病が原因の口臭を防ぐには、歯周病を治してしまうほかありません。
ドライマウス(乾いた口内)もまた、口臭の原因です。唾液には、食事によって酸性に傾いた口内を中和し細菌が活動するのを抑える役割があります。しかし、なんらかの原因で唾液が不足すると、口内が乾き、食後に酸性に傾いた口内を中和することができなくなります。中和されない口内は、細菌が活動するのに最適な空間。ドライマウスが続くと細菌が活動しやすくなり、口臭も発生しやすくなります。ドライマウスは口呼吸の癖や不規則な生活、過度の飲酒や喫煙などいろいろな要因で引き起こされます。お酒や煙草が習慣になっている人や、無意識に口呼吸をしてしまっている人は要注意。自分ではわからなくても、知らない間に口の中で細菌が口臭を作りだしているかもしれません。
舌の表面が白っぽくなって、舌本来のピンク色が見えなくなっていることはありませんか? 白っぽいものは舌苔(ぜったい)といって、舌の表面の角質が固まってしまったものです。舌苔の隙間に食べカスや細菌が溜まってしまって白く見えています。
舌苔もドライマウスや生活習慣が原因でできますが、病気ではありません。こまめに舌ブラシで取り除くことで解消できます。

■困ったら口臭外来に頼ってみよう
どうしても口臭が治せないときは、プロである口臭外来に頼ってみましょう。ほとんどの病院で予約が必要なので、病院を決めたらまずは問い合わせてみてください。
口臭外来の、おおまかな初診の流れはこのようになっています。

・問診票の記入
問診を効率よく行うために記入します。問診票を用いない場合は、口頭で医師に説明することになります。
・医師との問診
問診票をもとに、医師の問診を受けます。生活習慣や既往歴について聞かれることもありますので、事前にメモしておくと便利です。
・検査
専門の機械を使用した口臭測定や舌診、唾液や尿の検査、口内検診など、さまざまな角度から原因を探ります。
・診断
検査結果を受けて、必要な指導を行います。場合によってはその場で治療が行われることも。

それからは1週間から2週間に一度ほどのペースで来院し、経過を観察します。残念ながら口臭外来での検査や治療は保険の適応外ですので、全額自己負担で治療を行うことになります。

歯ブラシチェックで判明した口臭の原因がわからないときは、口臭外来に相談してみましょう。

一覧へもどる