お役立ちコラム

病院へ行く前に知りたい口臭治療の内容

口臭

どんなに綺麗な女性でも素敵な男性でも、口臭があると魅力は半減してしまいます。
しかし、自分の口臭というのは、なかなか自分では気づきにくいものです。
気づかないうちに自分の息が臭っていて人に嫌な印象を与えていたら……。そう思うとイヤですよね。
そんな人におすすめなのが、病院での治療。
そこで今回は、口臭の改善策として最も有効な病院での治療についてご紹介します。

●口臭チェック
病院での口臭治療では、まず最初に口臭レベルのチェックを行います。
どんな病気でもそうですが、その症状の程度や現状がわからなければ治療の行いようがありません。
口臭チェックの際には、口臭測定器が用いられます。また、お医者さんが実際にニオイを嗅いでチェックすることもあります。

●口内の掃除
口臭の主な原因は、歯や舌に付着した汚れ。
普段、しっかり歯磨きをしているつもりの人でも、歯磨きだけでは落としきれない汚れがあります。
その一つが歯垢。
歯垢は、食べかすが歯にこびりついたものです。表面をプラークと呼ばれる細菌に覆われており、独特のニオイを発します。また、こびりついた歯垢はやがて歯石と呼ばれるものに変化し、さらに落としづらくなってしまいます。「石」という字が当てられていることからわかるように、非常に固い性質をしています。
歯石は、歯磨きでは落とすことができません。歯の表面にこびりついているので、歯科医院で専門のマシンを使って掃除をしてもらわなければなりません。
また、歯石は歯周病や虫歯の原因にもなります。
ですから、口臭対策のためにも歯の健康のためにも、キレイにすることが大切なのです。
この他にも、口臭治療では舌にこびりついた舌苔と呼ばれる汚れの掃除も行われます。
舌苔とは、舌の表面に付着している苔のように見える白い汚れのこと。これは、簡単にいえば口腔内の細菌の死骸。放っておくとイヤなニオイの原因になります。
舌苔は、舌磨きを使ってセルフケアで除去することもできますが、完全に除去するのは難しいものです。
ですから、歯科医院での処置がおすすめです。
このように、歯科医院で歯や舌についた汚れを掃除することで、口内で発生する嫌なニオイを防ぐことができます。

●口腔内の病気の治療
口臭の原因は、歯や舌に付着した汚れだけではありません。
虫歯や歯周病が原因となっていることもあります。そういった場合には、まずはその病気を治療することになります。虫歯や歯周病は、放っておいて治るものではありませんから、自覚症状がある人はなるべく早めに歯科医院に行きましょう。

●体の病気が関係している場合、専門の診療科へ
口臭の原因は、口腔内以外にも潜んでいます。
例えば、胃炎や腸炎といった内臓系の疾患からニオイが生じていることもあるのです。そういった場合には、専門の診療科での治療が必要となります。
口臭が病気のサインとなっていることもありますから、気になる方はまずは病院で診察を受けてみましょう。

●内因性の場合にはカウンセリングも
口臭を気にするあまり、かえって口臭が強く出てしまうことも。これは、ストレス性の口臭であり、原因はメンタルにあります。ですから、こういった場合にはカウンセリングが有効な治療になります。
過去に人から口臭を指摘された経験がある人や、ニオイに対して過敏な人、過度に神経質な人などがこういった症状に陥りやすいといわれています。
思い当たる節のある方は、一度、歯科医院で相談してみましょう。

●口臭ケアの指導
歯科医院では、日頃の口臭ケアに関するアドバイスを受けられます。例えば、歯磨きや舌磨きの方法、マウスウォッシュや口臭改善スプレーの使用などに関しての指導が行われています。

いかがでしたか。気になる方は、ぜひ一度、病院に足を運んでみましょう。

一覧へもどる