お役立ちコラム

親知らずの抜歯が原因で知覚過敏に?

親知らず

親知らずは人によって生え方が異なり、その生え方によってさまざまな症状を引き起こしてしまうことがあります。たとえば、歯が痛くなったり、歯茎が炎症を起こしたり、といった症状はよくあります。場合によっては別の病気に発展してしまうこともあるため、こういった症状が現れれば早めに歯医者に診てもらうべきです。

歯医者で親知らずの抜歯を行えば、こういった症状からは解放されます。しかし、親知らずの抜歯を行ったあと、別の症状に悩まされることもあります。親知らずを抜いた箇所がしみるようになった、というのはよくある症状です。なぜこのような症状が発生するのでしょうか?

■しみる原因は知覚過敏
親知らずがあった箇所がしみるという場合、最も疑うべきは知覚過敏です。知覚過敏とはその名のとおり、知覚が過敏になって刺激が伝わりやすくなっている状態です。この知覚過敏は、歯の外側の層がなんらかの理由でなくなり、内側にまで刺激が伝わるようになったことから起こっています。

親知らずが歯茎のなかに埋没している状態で抜歯すると、抜歯したあとには大きな穴が空くことになります。この穴によって隣の歯の根っこが露出してしまい、知覚過敏の原因になったりします。単純に根っこが露出しただけではしみないこともありますが、たとえば歯磨きの際に強くこすってしまったり、根っこがプラークで汚れたりすると、知覚過敏を起こしやすくなります。

■虫歯が原因であることも
前述したように、親知らずの抜歯を行った後に歯の根っこが露出していると、知覚過敏の症状が現れることがあります。しかし、抜歯の後がしみるのはなにも知覚過敏だけが原因ではありません。抜歯した後がしみるのは虫歯が原因の場合もあります。

虫歯が原因で抜歯した後がしみるという場合、前提条件として抜歯前から虫歯になっていたということが挙げられます。しみるようになった原因は知覚過敏で根っこが露出した場合と同じく、今まで隠れていた虫歯が露出したためです。そのため、親知らずの抜歯前から虫歯になっていたということがわかります。親知らずが異常な生え方をすると、親知らずと歯茎の間や親知らずと隣の歯の間に汚れがたまりやすくなります。この汚れは歯磨きをしても取り除きにくく、その結果として細菌が繁殖することになります。そのため、表面上は見えない場所に虫歯ができたりするのです。

■しみるときの対処法
虫歯が原因でしみる場合には、虫歯の治療をすることでその症状は改善されます。こちらの方が、治すこと自体は簡単といえます。歯の根っこが露出することで起こる知覚過敏の場合には、すぐにどうこうすることはできません。なぜなら、虫歯のように治療ができるわけではないからです。この場合は穴がふさがれば症状は自然と改善されるため、自然回復に任せる方法しかありません。穴がふさがるまでには3か月程度かかるので、その間は我慢することになります。

しかし、知覚過敏の症状が進行していれば話は別です。知覚過敏は軽症であれば丁寧にハミガキしたり知覚過敏防止ハミガキ剤を使ったりすることで改善されますが、重症になると根っこのくびれを埋めたり歯の神経を取り除いたりする必要がでてきます。そのため、あまりにもしみるという場合は歯医者に相談するようにしましょう。

■あまり深刻にならず、けれど楽観的すぎるのも危険
前述したように、親知らずの抜歯後に抜歯した箇所がしみるというのはよくあることです。しかし、よくあることだとはいえ、楽観視することはできません。もし知覚過敏が進行した場合には、最悪、歯の神経を取り除かなければいけなくなるからです。しみるだけではなかなか歯医者に行こうという気持ちにはならないものですが、今回ご紹介したように虫歯や重度の知覚過敏の場合もあるため、違和感があればまずは歯医者に相談してみましょう。

一覧へもどる