お役立ちコラム

親知らず治療後に行う3つの処置方法

親知らず

親知らずの治療では、主に抜歯を行います。抜歯は歯を抜くことなので、当然ながら抜歯後には何もないスペースができます。このスペースをそのままにしておくと、隙間に食べ物が詰まったり細菌が侵入してきたりと、歯の病気の原因になってしまいます。そのため、親知らずの治療で抜歯を行った後には、このスペースを埋めるための処置を行わなければいけません。抜歯後の処置には主に3種類あり、それぞれで治療費や効果も変わります。抜歯後の処置で迷わないよう、今回はこの3種類の処置方法についてご紹介します。

■保険が適用できるかどうか
処置には主に3種類の方法があるとご紹介しましたが、この3種類の治療には保険が適用できるものとできないものがあります。処置を選ぶ際には、この保険が適用できるかどうかも大きなポイントとなります。保険が適用されるかどうかは、その治療が機能性の改善のために必要な治療なのか、それとも審美的な要素が含まれているのかによって判断されます。たとえば、一般的な歯科治療である虫歯の治療は、機能性の改善のために必要な治療であるため保険が適用されます。しかし、治療で必要であるとはいえ、差し歯の種類をいいものに変えたりすると、そこに保険は適用されません。なぜなら、必ずしも必要ではないからです。保険が適用されるかどうかで治療費は大きく変わってくるため、親知らずの治療後の処置に関しても保険が適用できるかどうかは重要なのです。

■親知らずの治療後の処置
前述のとおり、親知らずの治療後の処置には3種類の方法があります。これらの方法について、それぞれご紹介します。

・ブリッジ
ブリッジとは、抜いた歯の両隣の歯を少し削り、ブリッジという偽物の歯をかぶせるという方法です。この偽物の歯はつながった形で作られるので、傍目には抜歯したようには見えなくなります。両隣が健康な歯でも治療の過程で少し削らなければいけませんが、本来の歯を土台としていることから噛む力は強くなり、抜歯前とあまり感覚の変わらない噛み合わせになります。このブリッジによる処置は保険が適用されるため、治療費を抑えることができます。

・入れ歯
入れ歯は抜歯後の処置としては最も知られている方法で、抜歯した箇所に偽の歯を差し込みます。入れ歯は、その対応力が最大のメリットです。前述したブリッジは両隣の歯を少し削らなければいけないというほかに、抜いた歯が多かったり隙間が広かったりすると対応できないという欠点があります。自然な噛み合わせを再現できますが、利用できる状況が限られているのです。その点、入れ歯は抜歯した箇所に合わせて歯を作ることができるので、対応力は非常に高くなります。そういったことから、入れ歯を利用している人は多くいます。入れ歯も保険が適用されるので、ブリッジ同様、治療費はそれほど高くありません。

・インプラント
インプラントは、近年、注目されている新しい治療法です。抜歯した箇所にフィクスチャーというネジを埋め込み、その上に偽物の歯をかぶせることで自然かつしっかりとした歯を作ります。そのため、インプラントはこうした偽物の歯を扱う治療のなかでは最も優れた方法だといわれています。

しかし、インプラントにはネジを埋め込むだけの骨の強度がなければ利用できなかったり、手術が必要になったりといったデメリットもあります。また、審美的な意味合いが強いことから保険が適用できないケースが多く、治療費が高額になるといったこともあります。その治療費は、1本30〜50万円程度になるのです。こういった条件をクリアできるなら、インプラントは最良の治療法だといえるでしょう。

■自分に合った対処法を選ぶ
今回ご紹介したように、親知らずの治療後の処置にはそれぞれメリットやデメリットがあります。個人の口内の状況によっても適している処置は異なるため、歯医者とよく相談して自分に見合った方法を選ぶようにしましょう。

一覧へもどる