お役立ちコラム

親知らずは残すべき?それとも抜歯するべき?

親知らず

■まったく生えない人もいる、親知らずとは?
親知らずは、奥歯のうちでも、さらに奥に位置している第三大臼歯の俗称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。永久歯の中で最後に生えてくる歯で、概ね10代後半から20代前半のうちに生えることから、「親に知られることなく生えてくる歯」というのが親知らずの名前の由来となっています。親知らずは上下左右にありますが、すべての人が4本とも生えるわけではなく、親知らずがまったく存在しない人もいます。親知らずが生えるためのスペースが不足していたり、生える方向が違っていたりといった理由で、親知らずが傾いたり、横向きで生えたりすることがあります。そうした生え方をした場合、トラブルが起こりやすくなりますが、必ずしも抜歯する必要はないこともあります。

■親知らずを残した方がいいケース
親知らずがまっすぐに生え、上下の歯とともにきっちり噛み合っている場合は、抜く必要はありません。トラブルなく親知らずが生えた人にとっては、しっかり噛み合う健康な歯が増えたというだけの話です。将来虫歯や歯槽膿漏などのトラブルに見舞われたとき、親知らずは入れ歯やブリッジの支えとなったり、手前の奥歯の代用歯として移植されたりといった形で利用できることがあります。

また、親知らずが正常に生えず、傾いて生えたり横向きに生えたりした場合も、食べかすや細菌が入り込んだり隣の歯に悪影響を与えたりしないのであれば、抜歯せずにそのまま残しておいていいケースもあります。さらに、手前の奥歯が虫歯になってしまっている場合は、手前の奥歯を抜いて親知らずをブリッジの土台にしたり、手前の奥歯の位置に誘導するというケースもあります。

■親知らずを抜いた方がいいケース
歯肉と骨に半分埋没している、斜めの状態で生えるといった状態の場合、歯ブラシが十分に行き届かず、不潔な状態になりやすくなります。結果、虫歯が発生したり歯茎が炎症を起こしたりしてしまいます。

・親知らずが虫歯になってしまった場合
親知らずは最も奥の歯なので歯ブラシや器具が届きにくく、虫歯になりやすく、治療がしにくい歯でもあります。虫歯の菌が奥深くまで侵入すれば、心臓付近や脳にまで細菌がまわってしまうこともあり、大変危険です。治療後のケアも難しく、親知らずが虫歯になった場合はあえて治療せずに抜歯をすすめられることがあります。

・親知らずが正常に生えず手前の歯に影響を与えてしまう場合
親知らずが横向きなどに生えている場合、手前の奥歯を押してしまい、歯並びを乱したり、手前の奥歯の根を溶かすように侵食したりすることがあります。そういった場合は、ほかの歯に悪影響を及ぼす前に抜歯してしまう必要があります。

・何度も歯茎の炎症を起こしてしまう場合
親知らずが正常に生えなかったり、十分に歯磨きができていなかったりする場合、親知らず周辺が不潔な状態になり、細菌によって歯茎が炎症を起こすことがあります。この智歯周囲炎と呼ばれる歯茎の炎症が何度も繰り返される場合は、周辺への影響を考え抜歯をすることがあります。

■親知らずの処置は慎重に検討した上で決めましょう
親知らずは20歳を過ぎてから生えてくることも多く、抜くか残すかの判断が難しいケースも多々あります。年齢を重ねると顎の骨と歯の根が癒着してくることがあり、そうなった場合は抜歯が難しくなるので、抜歯する場合は年齢の若いうちに済ませることが推奨されています。

しかし、親知らずの抜歯はそう簡単なものではなく、歯茎を切開したり、骨や歯を削ったりしなければならないケースも多くあります。親知らずの状態によっては入院し、全身麻酔を施した手術を行う場合もあるほどです。抜歯後も顔が腫れる、発熱するといった症状が出る場合があり、歯並びや虫歯といったその後の経過も慎重にみていく必要があるため、親知らずの抜歯は本当に必要かどうかじっくりと検討してから行うことをおすすめします。

一覧へもどる