お役立ちコラム

歯周ポケットが原因だった!?歯周病になる理由

歯周病

歯周病を予防するために、毎日の歯磨きを丁寧に行っている人は多いはず。しかし、普段の歯磨きで歯周ポケットを気にしながら磨いているという人はほとんどいません。歯周ポケットというのは、歯と歯茎の境にある深い溝のことです。この歯周ポケットこそが歯周病や口臭を引き起こす原因となっているのです。

そこで、歯周ポケットが原因となって起こる病気やその治療法などについて詳しくご紹介します。

■歯周ポケットとは?
歯周ポケットの溝が深くなっていると、歯周病が始まっているとされています。歯の周りには、歯肉溝という溝があり、この溝が健康な状態であれば、歯茎にピッタリとくっついています。しかし、歯周病になると、少しずつ溝が深くなってしまい、ポケットのような袋状の隙間を作ってしまうのです。その袋は、細菌のたまり場といっても過言ではありません。

歯周ポケットに細菌が溜まると、歯周ポケットはどんどん深くなってしまいます。細菌のたまり場である歯周ポケット内では、細菌と体の免疫力が戦っていますが、風邪をひいたり、疲れたりして体の免疫力が落ちると、歯茎が腫れてしまいます。また、細菌が増え続けると、歯茎が腫れるだけでなく、歯の周りの骨も溶かしてしまうので、歯が抜けてしまいます。さらには、歯周ポケットに溜まった汚れや細菌が腐敗をし、ニオイを放つため、口臭もキツくなります。

歯周ポケットがあると、歯周病が進行するだけでなく、口臭がキツくなる原因にもなってしまいます。

■歯周ポケットができる原因は?
・プラーク
歯周ポケットができる最も大きな原因は、歯と歯茎の周りに残っているプラーク(歯垢)といわれています。プラークが残っていると、歯茎が腫れて、歯茎に隙間を作ってしまうのです。歯周ポケットを作らないのはもちろん、治療をするためにも、初期段階でプラークを食い止める必要があります。

・歯ぎしり
歯ぎしりも歯周ポケットを作る原因のひとつです。歯ぎしりが強いと、歯を揺らしてしまいます。ガタガタと揺れた歯と歯茎には、隙間ができて、細菌が侵入しやすくなってしまいます。また、歯ぎしりによって歯に亀裂が入ると、そこからも歯周ポケットが広がってしまいます。歯ぎしりが癖になっている人は、マウスピースを使用するなどをして、歯ぎしりをやめましょう。

・親知らずは早めに抜歯をする
横や斜めに生えてしまっている親知らずの手前には、深い歯周ポケットがあります。早めに抜歯をすれば、骨が生成されるので、歯周ポケットが残ることはありませんが、遅く抜歯をした場合、歯周ポケットが残ってしまう可能性があります。歯周病を予防するためにも、親知らずは早めに抜歯しましょう。

■歯周ポケットを改善するには
まだ歯周ポケットが浅い場合は、歯の根本にプラークを残さないように、歯ブラシやデンタルフロスを使って根本を丁寧に磨けば、歯茎が引き締まります。しかし、プラークがこびりついてしまうと、なかなか落ちにくいので、歯医者を利用して機械でクリーニングの汚れを落とすことをおすすめします。また、歯周ポケットが深くなった場合には、歯石を取る必要があります。歯石は自分ではなかなか取ることができないので、歯医者を利用しましょう。さらに、歯周ポケットがかなり深くなっている場合には外科処置や抜歯が必要になることもあります。

歯周ポケットは、歯周病が始まっているサインです。歯周ポケットを作らないということも大切ですが、作ってしまった場合には、なるべく早く治療するようにしましょう。早期の発見であれば、治療にかかる時間も短く、簡単な治療で治すことができます。自分のために歯周病予防をすることも大切ですが、口臭は周りの人に迷惑をかけてしまうこともありますので、口臭を予防のためにも歯周ポケットを作らないようにしましょう。

一覧へもどる