お役立ちコラム

女性は男性よりも歯周病になりやすい!その理由とは?

歯周病

「歯周病は、男性よりも女性にかかりやすい」「歯周病にかかったときの危険性は男性よりも女性の方が大きい」といわれています。それは女性ホルモンの影響によるといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?ここでは、なぜ女性の人が歯周病にかかりやすいのか、また、歯周病の危険性が高いのかという2点について、詳しくご紹介します。

■歯周病菌と女性ホルモンの関係
歯周病は歯垢の中で生息する歯周病菌が増殖する、または働きが活発になることによって発症します。女性は、男性に比べて歯肉が敏感になる時期があり、その時期に歯周病にかかりやすくなります。歯肉が敏感になる原因となるのが女性ホルモンです。中でも、初潮、妊娠、閉経の時期には特にリスクが高くなります。

・初潮
初潮の時期は、女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンが大量に分泌されます。その影響で歯肉の血液循環が促進され、刺激にとても敏感になってしまいます。これはホルモン性歯肉炎と呼ばれる現象で、悪化すると歯周炎、歯周病へと進行してしまうのです。

・妊娠
妊娠時は、女性ホルモンプロゲステロンの分泌が増加し、初潮の場合と同じく歯肉の血液循環が促進、刺激に敏感な状態になってしまいます。この時期に歯と歯茎の隙間などに歯周病菌が溜まっていると、歯周病が発症しやすい状態となります。そのため、歯周病を予防するには、妊娠時は特に口内のケアが大切です。

・閉経
閉経後、女性の体はさまざまな機能が弱まっていきます。女性ホルモン、免疫の低下などが代表的ですが、骨を作る力も弱まり、骨粗しょう症などにかかる人も。そのため、歯を支える骨の部分が破壊され、歯周病が進行してしまうのです。

■妊娠中は特に注意が必要
妊娠中の歯周病は、胎児に大きな悪影響を与える危険性があります。歯周病の原因となる歯周病菌は歯垢の中に生息しています。この歯垢が、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間に入り込むと、歯を支える骨の部分に進行していく他、他の臓器に転移することもあります。他の臓器に転移した場合、菌性感染症を発症して機能不全を起こす恐れがあるのです。

妊娠中に、歯周病菌の毒素が母体に進行すると、胎盤の早期剥離によって早産や流産を引き起こす、または、母子感染で若年性の歯周病になってしまう可能性もあります。そのため、妊娠時は歯周病のケアを怠らないようにしましょう。

■歯周病の危険性を高める喫煙
喫煙は歯周病が発症する確率を高める原因のひとつです。タバコに含まれるヤニが歯につくと、歯垢が歯に付着しやすくなり、口内に歯垢がたまりやすくなるのです。毎日しっかりとケアしていても、歯と歯茎の間など、歯磨きだけではケアしきれない場所にヤニが付着し、そこに歯垢がどんどんと付くため、やがて歯石となり、歯周病へと発展してしまうのです。女性は、基本的に男性よりも歯周病の発症率が高いため、喫煙している人は歯科で定期健診を行うなど、予防、対策をしっかりと行いましょう。

女性は、女性ホルモンの影響で、初潮、妊娠、閉経などの時期に歯周病を発症しやすくなっています。予防、対策としては、第一に歯間ブラシやデンタルフロスで、取りにくい場所に付着した歯垢をしっかりと取り除く、そして、定期的に歯科に行き検診を受けるということが大切です。できれば月に一度は歯科に行き、歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)や歯間の歯垢や歯石をキレイに取り除いてもらうとよいでしょう。自分でできるケアには限界があるため、プロに任せると安心です。口内を常にキレイに保つことで、歯周病の発症リスクを抑えることができます。

一覧へもどる