お役立ちコラム

歯周病の原因は噛み合わせだった!

歯周病

歯周病は、口内の細菌によるものだと思っている方が多くいます。
口内には数百種類もの細菌が住みついているといわれています。
この細菌すべてが悪いものではありませんが、歯磨きなどのケアをきちんとしていなかったり、甘いものをたくさん摂り過ぎたりすると、悪い細菌が活発に活動をし始め、歯垢や歯石などを繁殖させ、歯周病などの歯や口内の病気を引き起こします。もちろん細菌も原因のひとつです。

しかし、歯周病の原因は細菌だけではありません。実はあまり知られていないのですが、「噛み合わせ」が原因となり、歯周病を引き起こすことがあります。ですから、噛み合わせが悪いという方は注意が必要です。

でも、どうして噛み合わせが悪いと歯周病になってしまうのでしょうか。
ここでは、噛み合わせが原因によって引き起こる歯周病について詳しくご紹介します。

■噛み合わせが歯周病の原因となる理由
歯周病になると、歯茎から血が出たり、歯茎が腫れたりするほかに、歯を支えている歯肉やその下にある骨が溶けてしまいます。歯肉や骨が溶けるということは、想像するだけでもかなりのダメージであることが分かるでしょう。
また、そこに噛み合わせの悪さによる圧力がかかってしまうと、ただでさえ弱っている歯肉や骨の負担がさらに大きくなってしまいます。
負担がかかると、歯がグラグラするようになります。また、それによって歯と歯茎の間の隙間が広がってしまいます。歯と歯茎の隙間が広がると、そこに細菌が入りやすくなってしまうので、歯周病がより悪化するのです。

毎日気をつけて歯周病の予防をしていても、噛み合わせが悪ければ、歯や歯肉、骨に大きな負担を加えてしまうので、症状の進行を早めてしまいます。

■噛み合わせをチェックしよう
噛み合わせが原因となり歯周病を引き起こさないようにするためには、まず噛み合わせが正常であるかどうかを確認する必要があります。しかし、噛み合わせが正常であるかどうかは自分自身で判断しにくいもの。
そこで、以下のチェックに当てはまるかどうかを確認してください。

・歯がすり減っている、または欠けているところがある
・冷たいものが異様に滲みるところがある
・歯周病とは診断されていないけど、ぐらついている歯がある
・歯茎が下がっていて、歯の付け根が見えているところがある

一度口の中を確認してみて、このような症状が見られるようであれば、噛み合わせが正常でない可能性があります。気になるのであれば、一度歯医者で見てもらいましょう。歯医者に相談をすれば、噛み合わせが正常であるかそうでないかがすぐに分かります。

■毎日のケアだけでなく、原因も知っておくことが大事
歯周病になると、歯茎が腫れたり、食べ物や飲み物が滲みるようになったりするだけでなく、歯が抜けてなくなってしまうことがあります。そのほかにも、口臭がするようになったり、歯がグラグラすることで食事がしにくくなってしまったりします。
歯がぐらつく、歯がないという状態ではとても生活がしにくくなってしまうのです。

さらには、腫れていた歯肉から細菌が侵入し、血管を通り、心臓や脳などのそのほかの器官に病気を引き起こすこともあり、歯周病によって重度の疾病を招く可能性もあるのです。

歯の病気だから、少々放っておいても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、歯がなくなると生活がしにくくなりますし、死に至るような重度の疾病を招いてしまう可能性もあり、あなどれません。
歯磨きなど、毎日のケアを丁寧に行うのはもちろんのこと、歯周病の原因などをきちんと理解し、その原因を断つことも大切です。気になる方は、歯医者などの専門医を受診し、詳しい話を聞いてみるとよいでしょう。

一覧へもどる