お役立ちコラム

これが歯周病の症状!進行別に見る症状まとめ

歯周病

■歯周病と、歯肉炎や歯槽膿漏との関係は?
歯周病とは、歯ぐきの奥に細菌が感染することによって引き起こされる炎症性の疾患です。初期は歯ぐきの炎症(歯肉炎)がある程度ですが、どんどん進行すると歯ぐきの炎症に加えて歯を支える土台の骨である歯槽骨が溶けてしまい(歯槽膿漏)、最悪の場合、歯が支えを失って抜けてしまいます。

■歯周病の初期症状
歯周病の初期では、歯ぐきに炎症が出る歯肉炎が起きます。歯と歯ぐきの間にある隙間(ポケット)に食べかすなどの汚れが溜まったままになると、そこにたくさんの細菌が集まり、ポケットのふちの歯ぐきが炎症を起こして腫れたり赤くなったりします。この時点では、歯ぐきからの出血はまれで、痛みもなく自覚症状がないことがほとんどです。歯と歯ぐきに2〜3mmの隙間がある、歯みがきをし忘れると歯がうずく、歯ぐきが腫れぼったく感じる、といった症状があれば、初期の歯周病(歯肉炎)を疑いましょう。
食べかすや細菌の固まりは歯の裏側や歯ぐきの隙間など目立ちにくいところに歯石として付着します。歯石は時間が経てば経つほど、歯医者で削り取らなければいけなくなるほどに硬くなります。歯石が付着しないよう、歯みがきを丁寧に行うことが大切です。

■歯周病の中期症状
歯周病の初期症状から対策を取らずに数年が経過すると、中期に進行し歯槽膿漏の症状が出ます。歯と歯ぐきの隙間の奥深くに歯石が付着するようになり、細菌が歯槽骨を溶かすようになっていきます。歯ぐきの炎症が起こったり収まったりを繰り返し、歯ぐきから膿が出るようになります。水がしみたり、歯みがきの際に出血する回数が増えたり、歯ぐきから嫌なにおいが出るようになるといった自覚症状が出ます。
歯槽膿漏によって歯槽骨や歯の根が溶けつつあるので、噛みごたえのあるものを食べたり強く歯を噛み締めたりすると、違和感や痛みを感じるようになります。歯と歯ぐきの隙間は3〜5mm程度に広がっており、歯石も奥深くに付着しているので通常の歯みがきだけでは除去できず、歯周病の進行が止まりにくくなっています。この時期に歯医者で治療を行い歯石を除去すると歯ぐきの位置がやや下がりますが、歯ぐきの健康を取り戻すことができます。

■歯周病の末期症状
症状がさらに進行し、歯周病の末期の頃になると、歯の根の先にまで歯石が付着するようになります。歯槽膿漏の症状がさらに進行して歯槽骨や歯の根が溶け、歯ぐきが歯を固定できなくなるため歯がぐらつき、衝撃が加わるなどのきっかけで歯が抜けてしまうこともあります。歯の周囲を指で押すだけで出血したり白い膿がにじみ出るようになり、歯槽膿漏特有の嫌なにおいが常にするようになります。
この頃になると頻繁に歯ぐきが腫れ、歯磨きをするたび、ほぼ毎回出血したり、歯がぐらついて痛んだりして、普通の食事もままならないといったことが増え、生活の上でも支障が出てしまいます。

■歯周病の予防に努めましょう
歯周病によって溶けてしまった歯槽骨や歯の根が完全に元に戻ることは非常に難しいため、進行を食い止めることが何よりも大切になります。最初は歯の1本だけが歯周病でぐらついていたとしても、細胞の侵食はどんどん周りの歯に広がり、口内全体が歯周病にかかってしまうことも珍しくありません。歯周病の細菌が歯の根の奥深くから全身に回った場合、心臓や脳などに影響を与えることもあります。
歯周病の進行を食い止めるには、こまめに歯科医の診察を受けることと毎日の丁寧なケアが重要です。歯周病の治療には初期であっても歯石の除去などのために3回以上の通院したり、末期になると1年以上も辛抱強い治療を続ける必要があるケースもあります。
歯周病は虫歯や、それらに伴う肩こりや頭痛などの症状と切っても切れない関係にあります。歯周病やこれらの病の予防のためには、こまめで正しい口内ケアと生活習慣を続けることが重要です。

一覧へもどる