お役立ちコラム

歯のグラグラは歯周病症状の危険信号

歯周病

歯周病とは、歯と歯肉の間の歯周ポケットに細菌がたまることによって発症する病気で、初期症状としては歯茎の炎症や出血、進行すると歯のグラつきなどの症状が現れます。放っておいて完治するということはないため、歯医者での治療が必要となります。ここでは、歯のグラつきをはじめ、歯茎の出血や炎症などの歯周病の危険信号についてご紹介します。

■歯周病とはどんな病気
歯周病は、多くの日本人が発症する病気として有名です。年齡を重ねるごとに発症のリスクは高くなり、この病気の影響で歯を失ってしまう人も多くなっています。歯周病は時限爆弾のように、目には見えない場所で進行しており、特に初期の段階ではなかなか発見することができないという問題もあります。そのため、歯医者などで定期的に検査を行い、歯周病にかからないためのケアを行うことが大切です。
歯周病は初期状態では、歯茎の炎症や出血などの軽い症状ですが、重症となると、歯茎や歯全体が細菌に侵されてしまいます。手遅れにならないように、歯周病のケアをしっかり行いましょう。

■歯周病の初期症状
歯周病の初期症状として代表的なのが、歯茎の炎症や出血です。歯周病に侵されていない歯茎は、キレイなピンク色で表面には弾力があります。しかし、歯周病を発症すると、歯茎はピンクというよりは赤味が強くなり、弾力が失われます。このような症状が見られる場合は、すでに歯周病に侵されているため、注意が必要です。また、そのほかにもさまざまな初期症状があるため、前もって確認しておくとよいでしょう。例えば、朝起きた時に口の中がネバネバする、口臭が気になる、歯肉がむずがゆいなどの症状がある人は、歯周病の疑いがあります。また、歯が少し長くなったような気がする、前歯が出っ歯になっている、歯と歯の間に前までなかった隙間がある、食物が挟まりやすくなった、というような症状がある人も歯周病を疑った方がよいでしょう。

■歯周病の危険信号
歯周病が進行すると、歯を支える骨が溶けて、歯肉が後退していきます。こうなると歯がグラグラと不安定な状態になり、上手く噛めない、噛むと痛みが走るなどの症状が現れてきます。この症状は不完全脱臼と呼ばれているものです。この症状が悪化すると、歯を支える骨と歯が切り離され、歯は歯肉によって支えられている状態となってしまいます。歯肉には、細菌によって大量の膿が溜まり、歯は膿の上に浮いているような状態です。ここまで歯周病が悪化すると、猛烈な痛みが襲い、治療方法は抜歯以外なくなってしまいます。歯のグラグラは、歯周病がどんどん進行している危険信号です。少しでも歯のグラつきが気になる人は、すぐに歯医者にいって検査してもらいましょう。

■歯のグラつきを感じる人はすぐに歯医者へ
乳歯の場合は、生え変わりの時期などに歯がぐらついてくることがありますが、永久歯の場合は生え変わりがないため、健康な状態で歯がぐらつくということはありません。そのため、成人している人で歯のぐらつきが気になるという人の多くは、歯周病にかかっていると考えた方がよいでしょう。
歯のグラつきは歯周病の初期症状ではなく、中期へと進行している危険信号です。すでに歯周ポケットから、細菌が歯の根っこへと進行しており、歯を支える骨を溶かし始めている可能性があります。歯周病が中期の場合は、まだまだ治療が可能なので、早めに治療を始めるとよいでしょう。

このように、歯のグラつきは、歯周病が進行している危険信号となります。この時点で歯周病がかなり進行していることが考えられます。歯周病に歯や歯茎全体を侵される前に歯医者で治療を始めて、自分の歯を守りましょう。

一覧へもどる