お役立ちコラム

歯茎からの出血は歯周病の症状のひとつ!

歯周病

歯磨きをしていて、歯茎から出血したという経験は、誰にでも一度はあるのではないでしょうか。今回は歯茎から出血する原因についてご紹介します。

■歯茎から血が出るわけ
歯茎から血が出る原因はいくつかあります。その原因をご紹介します。

・虫歯の進行
虫歯を放置すると、虫歯菌が歯を溶かして歯に大きな穴が空きます。そして、症状が歯の神経、歯の根と進行していくことで、歯茎が炎症、出血します。虫歯の進行によって歯茎から出血する場合、虫歯は末期状態となっており、かなり危険な状態です。早めに歯科にいって治療を開始しましょう。

・歯間に何かが詰まっている
歯と歯の間に何かが詰まってしまった場合、歯茎から出血することがあります。症状には2種類あり、ひとつは、歯間に詰まった何かが直接、歯茎を傷つけて出血した場合。もうひとつは歯間に詰まった何かによって歯茎に菌がたまり、炎症して出血する場合。どちらにしても、そのまま放置しておくと、傷や炎症がひどくなってしまい、菌の感染が広がってしまう可能性があります。そのため、できるだけ早く歯医者にいって、歯間に詰まったものを取り除いてもらうと良いでしょう。

・歯周病
歯茎からの出血のほとんどは、歯周病によるものです。歯垢が歯間につまって菌を増殖させて歯周病が発症した場合。歯周病菌の働きによって歯を支える骨が溶ける症状が発生し、炎症が広がってしまいます。骨が溶けて歯がグラつき始めると、歯茎の中に膿がどんどんと溜まっていき、ちょっとした刺激でも歯茎から出血してしまうのです。歯磨きの際に頻繁に出血するという人は、歯周病にかかっている可能性が高いので、すぐに歯医者に相談してみるとよいでしょう。

■歯肉炎と歯周病
歯肉に菌が感染して、炎症を起こしている状態を歯肉炎と呼びます。炎症を引き起こしている場所には、菌がたくさん繁殖しているため、体はその場所に血液を集めて、白血球などの免疫機能の働きで菌の増殖を止めるように動きます。この状態が歯肉炎と呼ばれている症状で、歯肉炎になることで、歯茎から出血しやすい状態になるのです。また、歯肉だけでは菌の進行が止まらず、歯の骨に進行することで歯周病になってしまいます。この状態になると放置していても完治することはありませので、必ず治療するようにしましょう。

■歯周病の放置による影響
歯肉炎が進行して、歯の骨に到達した場合、歯周病となってしまいます。歯周病になると、歯を支える骨が溶けてしまい歯の土台が崩れます。それに伴って、歯がグラつき、最後には抜け落ちてしまうのです。また、歯周病の菌が体内に感染して、そのほかさまざまな症状を引き起こしてしまう可能性があります。歯周病は、体の免疫が低下しているときに発症しやすくなるものです。糖尿病や特定の疾患を持っている人は特に注意しましょう。

■出血によって炎症が抑えられる
歯茎からの出血は、炎症を抑えるという意味では大切なことです。歯茎から出血することによって、歯肉に溜まった菌が外に排出され痛みが収まる場合もあります。また、出血させることによって、歯茎は強くなるので、出血自体は悪いことではありません。歯茎からの出血は病気のサインだと受け止めて、出血が持続するようなら、すぐに歯科に相談するとよいでしょう。

歯茎の出血は、物理的な傷ではない場合、そのほとんどは歯周病などによる歯茎の炎症によるものです。そのため、まずは炎症させないように、毎日のケアや定期的な歯医者での検査を行うようにするとよいでしょう。また、万が一、歯茎から出血してしまった場合は、歯周病にかかっている可能性があります。そのまま放置するのではなく、歯医者に相談して治療を開始しましょう。

一覧へもどる