お役立ちコラム

症状の進行具合で変わる歯周病の治療期間

歯周病

多くの日本人が発症しているといわれている、歯周病(歯槽膿漏)。重症になると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病の治療期間は症状の進行具合によって変わります。ここでは、症状の進行具合で変わる、歯周病の治療期間についてご紹介します。

■歯周病とは
歯周病(歯槽膿漏)とは、虫歯と並んで有名な口内の病気です。細菌の侵入によって引き起こされる炎症性疾患で、歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれている場所に細菌がたまり、清掃が行き届いていない状態が続くと発症してしまいます。最初は歯茎からの出血や炎症などの症状が発症し、進行すると歯周ポケットがどんどん深くなり、歯がグラグラと動いてしまうようになります。また、さらに進行が進むと歯茎と歯は細菌に侵されてしまい、歯がほとんど抜け落ちてしまう状態まで進行してしまうのです。そこまで進行すると、歯を元通りにすることはほとんど不可能であるため、抜歯やインプラント、差歯などの治療が必要になります。
放っておいて自然に完治するということはほとんどないため、歯茎の炎症や出血など、歯周病(歯槽膿漏)の初期症状がある人は、すぐに歯医者に相談しましょう。
また、歯周病が発症する前の時点で、定期的に歯医者に検査に行くクセをつけて、歯周病にならないように普段からのケアをしっかり行うことも大切です。
年齡を重ねるにつれて歯周病が発症する確率はどんどんと高くなっていくため、定期的に歯医者で治療を受けるようにしましょう。

■歯周病の症状
症状の進行度合いは、歯周ポケットの溝の深さで確認することができます。基本的にどんな人でも歯と歯肉の間に歯周ポケットがあるため、溝の深さがどの程度かによって歯周病(歯槽膿漏)に発症しているかどうかがわかるのです。
歯周病にかかっていない人で、溝の深さは0.5〜1mm程度といわれています。この溝の幅は歯周病が進行するごとに深くなっていきます。溝の深さは初期の歯周病の人で2〜5mm。中期で5〜8mm。後期で8mm以上の溝が歯周ポケットにあるとされています。歯周ポケットの溝が深くなればなるほど、歯は歯肉の支えを失い、グラグラと不安定な状態になってしまいます。

■症状ごとの治療期間 初期・中期
歯周病(歯槽膿漏)の症状が初期、中期の人でおおよそ1年間以内に治療できるといわれています。また、非常に初期の歯周病の場合は、頻繁に治療に通えば2か月から3か月と短期間での治療も可能です。歯周ポケットの溝の深さが5mm以上深くなり、歯周病中期にさしかかると、治療完了まで1年間は見ておいたほうがよいでしょう。

■症状ごとの治療期間 後期
歯周病(歯槽膿漏)の後期、症状が重症となると治療期間はどんどんと長くなっていきます。最低でも1年間以上、長いと数年単位での治療が必要になるため、重症にならないようにまずは注意する必要があります。
また、歯周病の症状が重症の状態にまで進行すると、歯の存続自体が危ぶまれます。その場合は入れ歯やインプラントなどの治療も考える必要があるでしょう。抜歯する歯の本数にもよりますが、本数が多い場合はその分、治療期間が長くなります。治療費もどんどんと膨らんでいくので、なるべく症状が後期になる前に歯周病をみつけて、治療しておいた方がよいでしょう。

歯周病(歯槽膿漏)は、口内の時限爆弾のように徐々に進行して、気づいたときにはすでに症状が重症となっていたということもある病気です。そうなると治療期間が長くなるばかりか、歯を失ってしまうことにもなります。そのため、定期的に歯科で検査を行い初期、中期の状態で歯周病を発見できるようにしましょう。そうすることで、歯周病にかかったとしても、しっかり治療することができます。

一覧へもどる