お役立ちコラム

症状が進行した歯周病は抜歯治療しか選べない?

歯周病

■重度の歯周病の恐ろしさ
歯がグラグラして抜けそうなほど進行した歯周病は、かなり症状が深刻化しているといえます。「最初は痛みを感じたけど、そのままにしていたら感じなくなった」「まだ歯医者に行かなくても大丈夫だろう」と考えていても、実際はかなり危険な状態になっていることもあるのです。そこで、ここでは重度の歯周病の症状や治療法についてご紹介します。

■歯周病の原因
そもそも、歯周病はどのようにして発症するのでしょうか。
歯みがきが不十分であると、歯と歯茎の間に歯垢が溜まります。その後、溜まった歯垢が繁殖すると「歯周病」になります。歯周病の代表的な症状である歯茎の腫れや出血は、歯垢による毒素が炎症を起こしているために起こります。歯垢は放置しておくと石灰化し歯石になり、歯磨きでは取り除くことが困難な状態となってしまいます。歯垢や歯石が溜まり続けると、歯と歯茎の間の溝がさらに深まり、歯周病をより進行させてしまいます。

■自覚症状より進行しているケースが多い
歯周病は、自覚している症状よりも深刻なケースが多い傾向にあります。特にブリッジ(欠損した歯の代わりとなる人工的に作られた歯のこと)が入っている人は要注意。歯周病が進行している歯と他の歯がブリッジでつながっている場合、自らは少しグラグラしているだけと感じても、実際は支えがなければ抜けてしまうような危険な状態であることもあります。ブリッジは「歯をしっかりと固定することができる」というメリットを持っている反面、土台の歯が歯周病に侵されても症状に気付きにくく、発見が遅れてしまうことがあるのです。そのため、軽い症状だと感じても、一度、歯医者で検診してもらうことが大切だといえます。

■体が「異物」と認識したら抜歯すべし
歯周病が進行すると、歯がグラグラする症状が現れます。これを放置してしまうと、歯の周りにある骨が全て抜けてしまいます。これを「歯が抜ける」と勘違いしてしまう人がいますが、実際はそうではありません。歯の周りの骨が溶けてしまっても歯茎の繊維が歯に付着しているため、歯が抜けることはありません。これはよいことのように思えますが、この「歯が抜けない」という状態が多くの人を「まだ大丈夫」という認識にしてしまう原因なのです。

歯が自然に抜けないことで、手遅れではないと判断した人々は「今からしっかり治療していこう」と考えがち。しかし、歯の周りの骨が溶けてしまった時点で、抜歯以外の方法で治療することはできません。
歯周病の症状のひとつである歯茎の炎症は、細菌が出した毒素が体内に入るのを防ぐために起こります。そして歯茎の奥にある骨は、近づいてくる細菌から逃げるために自ら溶け、距離を一定に保とうとします。これにより歯の周囲に骨がなくなると、体の一部だった歯が細菌に侵され、歯ではなく「異物」となってしまうのです。こうなってしまうと、抜歯せざるを得ません。

この状態で抜歯治療を行うと、逃げていた骨が元の位置まで回復し、正常な状態に戻ります。体が「歯」ではなく「異物」と認識するまで症状が悪化してしまうと、そのまま残しておくよりも抜歯するほうが体にもよいのです。

■早期発見で手遅れを防ぐ
歯周病の症状が悪化し、手遅れな状況になった歯を残したいと望むことは、体の反応を無視した自分勝手な願いにすぎません。
幸いなことに、これほど状況が深刻化するまでには、かなりの時間がかかります。歯周病の自覚がなくても、今の歯や歯茎の状態が、将来的に歯周病へと発展するかどうかはレントゲンで確認することができます。これを通して今の状態を認識し、悪化を手助けする原因を排除することができれば、手遅れな状況になることを避けることができます。定期健診を受けたり、レントゲン撮影を受けたりして、早期発見へと積極的に行動することが大切です。

一覧へもどる