お役立ちコラム

初期の歯周病ならスケーリング&ルートプレーニングで治療可

歯周病

■スケーリング&ルートプレーニングってなんだろう
歯周病は、歯と歯茎の間に溜まってしまった歯石や歯垢をエサに、歯周病菌が歯肉に炎症を起こしたり、歯肉を赤く腫れさせて出血を起こしたりするもの。歯磨きをしているときに出血があると歯周病が進行しているケースも多く、虫歯のように気づかないうちに症状が進んでいることもあります。

症状が進む前に歯周病を発見できたときは、スケーリング&ルートプレーニングという方法で治療をすることができます。スケーリング&ルートプレーニングとは、歯周病の原因になる歯垢や歯石を取り除く方法のことで、歯科では一般的に行われている治療です。今回は、歯周病を早期に発見できたときの治療法、スケーリング&ルートプレーニングについてご紹介します。

■スケーリングとルートプレーニング
スケーリング&ルートプレーニングとは「スケーリング」と「ルートプレーニング」という二つの治療法を同時に用いて行う治療です。スケーリングとルートプレーニングの違いはこちら。

・スケーリング
歯磨きだけでは取り除くことができなかった歯垢や歯石を、スケーラーという器具を用いて取り除く治療がスケーリングです。歯のデコボコや歯並びの違いなどから、歯磨きで歯垢を取り除くことができる範囲には限界があります。定期的にスケーラーで歯垢や歯垢を除去し、歯垢が少ない口内環境にすることで歯周病の進行を遅らせ、歯の再石灰化や口内環境の改善を促すのです。歯垢が口内にあることで歯周病菌の温床となってしまうため、初期の歯周病には歯垢の除去が欠かせない治療となります。

スケーラーで歯垢を取り除いたあとは、一時的に冷たいものや甘いものが歯にしみるように感じることがあります。それは歯や歯茎を覆っていた歯垢や歯石がなくなっていたためです。歯周病の治療を進めて健康な歯茎を取り戻せば、しみることはありません。

・ルートプレーニング
スケーリングでも取り除くことができなかった、歯と歯茎の間(歯周ポケット)にある歯垢や歯石、スケーラーが届かない場所にある歯垢などを、スケーラーよりもさらに細い器具を用いて取り除く治療です。歯周ポケットの中に入り込んだ歯垢は、歯周病菌が歯茎のより広い範囲で活動しやすくなる原因になります。歯周ポケットには歯ブラシの毛先が入り込みにくいので、ルートプレーニングで早期に歯垢や歯石を取り除く必要があるのです。歯垢や歯石を取り除いたあとに、歯をなめらかに仕上げることによって、歯垢や歯石がつきにくい歯にします。

■スケーリング&ルートプレーニングにかかる費用
歯科の方針にもよりますが、スケーリング&ルートプレーニングは健康保険の範囲内で行うことができます。歯周病の進行度合いによってはスケーリングのみを行うこともあるので、ここではスケーリングとルートプレーニングの料金を別々にご紹介します。

●スケーリングの料金
・健康保険適応時(3割負担):口内の全ての歯をスケーリングすると800円〜1,000円
・健康保険適応外時:1時間あたり3,000円〜10,000円

●ルートプレーニングの料金
・健康保険適応時(3割負担):ルートプレーニングを行った歯一本につき180円
・健康保険適応外:1時間あたり3,000円〜10,000円

保険適応の場合の料金は、3割負担で端数を切り捨てたおおまかな数字です。歯科の方針によって、料金の変化があります。

歯周病を早期に発見できたときは、定期的に歯石や歯垢を取り除くことを心がけましょう。歯周病菌の活動できる場所を少しずつ減らしていくことで、歯周病の進行を遅らせて口内環境を改善できます。歯科医から正しい歯磨き方法の指導を受け、毎日のデンタルケアをより良いものにできると、歯周病の治療はもっと円滑に進むでしょう。

一覧へもどる