お役立ちコラム

妊娠中に虫歯治療をして大丈夫?レントゲン撮影や麻酔は?

虫歯

■妊娠中は歯磨きもままならない状態に
妊娠中に虫歯治療を行っても問題はありません。しかしながら、一つだけ押さえておきたい点があります。それが、つわり。これは個人差もありますが、つわりが重い人の場合、歯磨き自体も満足に行えないことが多いです。なぜなら、つわり特有の味覚の変化によって、歯磨き粉の臭い・味で吐き気を催すことがあるからです。また、唾液が口の中に溜まったことで吐き気を催したり、歯ブラシがうっかり喉の奥に入ってしまったりしたときも同様の症状が出てくることがあります。しかも唾液の分泌量も妊娠前に比べて減るため、虫歯にもなりやすくなります。万が一、妊娠中に虫歯になった場合には、無視することなく歯医者に相談をしましょう。

■妊娠初期のレントゲンも大丈夫
通常であれば、妊娠初期は母体にレントゲンを当てることはできません。この時期が最も赤ちゃんに影響を与えてしまいやすいからです。だからといって歯医者でのレントゲンもダメかと言われればそうでもありません。あくまでも歯医者がレントゲンを当てるのは歯の部分のみです。お腹には何も影響はないため、安心してレントゲンを撮ってもらうことができます。また、妊娠後期になるとレントゲンの影響を受ける可能性が少なくなります。歯がムズムズしていて不快感があるものの、赤ちゃんが心配で歯医者に行けないという場合でも、できれば放っておかず、すぐに対策を取るべきでしょう。

■麻酔は出産時に使われる麻酔と同じ
「麻酔は赤ちゃんに影響を与える」と考えられてしまうものですが、歯医者で使われている麻酔は出産時に使う麻酔と同じものですので心配する必要はありません。また、歯医者での麻酔は基本的に局所麻酔ですので、使用する麻酔の量も少なくて済みます。打たれた麻酔はその部分でゆっくりと分解されていくため、いずれにしてもお腹の中の赤ちゃんにはほとんど影響はありません。歯医者の多くは妊婦の治療を行った経験を持っていることでしょう。妊娠中はこのような麻酔が赤ちゃんに及ぼす影響についても考えてしまいがちですが、ご不明な点はしっかりと歯医者や医師と相談をして理解を深めるようにしていきましょう。

■妊娠中はあまりしない方が良い治療もある
妊娠をしている最中にはできるだけ行わない方が良い治療もあります。

・親知らずの治療
親知らずは必要のない歯であり、早期の治療が望まれます。特に女性の場合は妊娠するよりも前に治療を完了させておくと良いでしょう。なぜなら、親知らずの抜歯の際の痛みで力が入ってしまうことがあり、体に負担がかかることが考えられるからです。その他にも、複数の薬を長期間飲み続ける必要があるからという理由も挙げられます。

・外科治療
こちらも親知らずの治療と同じように、治療が終わった後には複数種類の薬を飲むように勧められます。この薬が負担となって赤ちゃんに影響が出る可能性があるため、できれば外科治療は妊娠するよりも前、もしくは赤ちゃんの乳離れが済んでから行いましょう。

■できれば安定期に入ってから治療を行う
最も体が不安定な妊娠初期の場合、治療そのものがストレスとなってしまい、お腹の中の赤ちゃんにも影響が出る可能性があります。中期とは、主に妊娠してから5か月〜8か月経過した頃を指します。この時期が最も安定している時ですので、治療を行う場合には体に負担のかかりにくい中期に行うようにすると安心できます。親知らずの抜歯も、行うとすれば中期が良いと言えるでしょう。とはいえ、体の調子は人によってそれぞれ違います。初期、または後期に歯医者での治療が必要になるという事態になってしまっても、まったく躊躇う必要はありません。同じ妊婦でも安定している時期の方が長い時もあるため、まずは歯医者によく相談をし、自身の体ともよく相談をしてから虫歯治療を行っていきましょう。

一覧へもどる