お役立ちコラム

虫歯の進行で見られる症状!虫歯の中の赤い塊

虫歯

■虫歯の中に見える赤い塊の正体とは?
虫歯が進行してきても痛みを感じず、ついつい放置してしまうことがありますよね。しかし、放置している虫歯の中で、赤い塊がじわじわと成長しているかもしれません。進行してしまった虫歯の中に見える赤い塊のことを「歯髄ポリープ」と呼び、歯髄ポリープができてしまった状態のことを慢性増殖性歯髄炎といいます。あまり耳にする機会はありませんが、虫歯や歯周病と同じように気づかないうちに進行してしまい、自分自身ではなかなか気づくことができない症状です。今回は、虫歯の中で成長する慢性増殖歯髄炎についてご紹介します。

■慢性増殖性歯髄炎の原因と症状
歯髄ポリープの「歯髄」とは、歯の神経のことです。この歯髄が、虫歯によって長い間、刺激を受け続けることでポリープ(腫瘍)となり、腫れてしまいます。慢性増殖歯髄炎は、若年層や幼児の虫歯によく見られますが、歯髄にできるポリープのほとんどが陽性のものです。

虫歯菌によって溶かされてしまった歯には、少しずつ穴が開いていきます。虫歯が進行すると、細菌は歯の表面のエナメル質や、歯髄を守る象牙質をも貫通して、歯髄まで達してしまうのです。歯髄がさらされてしまうことで刺激に敏感になり、ささいな刺激にも反応して痛みを感じるようになります。虫歯菌によって空けられた穴で歯髄がポリープとなってしまい、肥大することで虫歯の中から赤い塊が見えるようになります。

歯髄が腫れてしまっているので刺激を感じる機能が低下しており、中期の虫歯のように冷たい水や甘いものがしみて、痛みを感じるということはありません。しかし、食事の途中で虫歯の穴に食べ物が入り込んでしまったり、歯ブラシが接触したりすることで痛みを感じることがあります。歯ブラシなどで歯髄ポリープに直接触れてしまうと、出血が起こることも。歯磨きをしているときに口内で出血が起こったら、歯周病だけでなく慢性増殖歯髄炎も疑ってみましょう。

■慢性増殖歯髄炎はどうやって治療するの?
慢性増殖歯髄炎は、進行して歯髄まで達してしまった虫歯と同じように治療を行います。

・麻酔を行う
日常生活の中で痛みを感じなくても、歯髄は治療中に起こる刺激に反応します。歯髄ポリープを安全に取り除くためにも、治療の前には麻酔を行います。

・歯髄ポリープを取り除く
肥大して虫歯の中から見えてしまっている部分を取り除きます。

・虫歯の内部の神経を取り除く
たいていの場合、歯の根元にある神経まで取り除くことになります。乳歯に慢性増殖歯髄炎ができた場合は、今後の歯の成長のことを鑑みて根元の神経を残す処置を行う医師もいます。

・歯の中に詰め物をする
歯髄を取り除いて空洞になった場所をしっかり消毒し、詰め物をします。

・被せ物をする
歯に内部に歯髄ポリープができるような場合、かなり進行した虫歯であることが多いのです。そのため、他の歯との噛み合わせから治療中の歯を守るために被せ物をして経過を観察します。

慢性増殖歯髄炎を放置してしまうと、歯髄が完全に死んでしまったり、歯の中で歯髄が壊死(局所的に細胞が死滅してしまうこと)してしまいます。そうなると他の歯や口内組織にも大きな影響が及んでしまいます。一度、崩れてしまった歯や骨のバランスは、元に戻すのはとても困難です。慢性増殖歯髄炎が悪化してしまうと、ブリッジやインプラントといった治療を行うことになる可能性があります。

虫歯から赤いものが見えると驚いてしまいますが、慢性増殖歯髄炎は珍しい症状ではありません。安全な治療法がきちんと確立され、取り除くことが可能です。気になっている歯に違和感を覚えたら、できるだけ早く歯科を受診しましょう。

一覧へもどる