お役立ちコラム

いつの間にか歯が溶ける!?虫歯と酸蝕歯の症状の違い

虫歯

■酸蝕歯ってなんだろう
虫歯や歯周病、知覚過敏など歯にまつわる症状を耳にする機会はありますが、酸蝕歯という症状はあまり知られていないのではないでしょうか。酸蝕歯とは、食事の後などの酸化した歯に誤った歯磨きで力を加えることで、歯の表面にあるエナメル質が少しずつ磨耗してしまうことです。磨耗を繰り返すことで、エナメル質の下にある象牙質が透けて見えてしまい、それが「歯の黄ばみ」になってしまったり、エナメル質がなくなってしまった場所では知覚過敏を引き起こしてしまう原因にも。虫歯と違い、酸蝕歯は広い範囲の歯で起こります。歯へのダメージが大きければ、その歯を抜歯する可能性もありえるのです。酸蝕歯は、歯の裏側からライトを当てると薄く光を透かして見えるので、気になる場合は歯科でチェックしてもらいましょう。

■虫歯と酸蝕歯の違いとは
エナメル質がなくなってしまうのはどちらにも共通していますが、原因となるものが違います。虫歯と酸蝕歯の違いは以下の通りです。

・虫歯
歯に付着したプラーク(歯垢)が、食事に含まれる糖分やデンプン質を餌にして酸を出し、その酸によって歯に穴が開けられる
・酸蝕歯
酸性の強い食べ物や飲み物そのものが、酸で歯を薄く溶かしていく

酸蝕歯は、名前の通り、酸性の強い食べ物や飲食物によって、歯が少しずつ薄くなっていくことが特徴です。一方、虫歯は糖分やデンプン質を餌にしてできた酸が、一本の歯に小さな穴を開けるように溶かしていくことによって起こります。酸蝕歯も虫歯も、歯のエナメル質が溶けていってしまうものです。少しでもエナメル質を回復させるためには、歯の再石灰化が何よりも重要です。再石灰化は唾液に含まれるミネラル分によって行われるので、よく噛んで食べて唾液の分泌を促しましょう。唾液は、食事中でも口内の酸性を中和する役割を持っています。酸性の強い食べ物でも、よく噛んで食べれば口内への影響は小さくなります。酸性の強い食べ物をよく噛まずに食べる機会を増やしてしまうことが、酸蝕歯を引き起こす一番の原因になってしまいます。虫歯も酸蝕歯も、よく噛むことで予防や改善が可能なのです。

■虫歯と酸蝕歯を予防するための歯磨きについて
・虫歯を防ぐための歯磨き
歯の表面にプラークがあることで唾液のミネラル分が歯に入り込みにくくなってしまっているため、口内の中和には酸蝕歯よりも時間がかかってしまうといわれています。歯にプラークが多い場合は少し歯磨きのタイミングを遅らせても問題はありませんが、それは口内にプラークがたくさん付着している場合。普段からきちんと歯磨きをしている場合は、歯磨きの時間を遅らせる必要はありません。日頃からデンタルケアを心がけて、口内にプラークが多くない場合は食後30分前後、口内にプラークが多く虫歯リスクの高いときは食後1時間前後を目安にするといいでしょう。

・酸蝕歯を防ぐための歯磨き
口内の酸性値が高い食後すぐに、強い力で歯磨きを行うと酸蝕歯の原因になってしまいます。それを防ぐためには、食後、少し時間を置くことと、歯磨きは優しい力で行うことが大切です。使用する歯ブラシも、毛が柔らかいものを選ぶといいでしょう。どうしても強い力で磨いてしまう人は、料理用のはかりに歯ブラシをあてて力加減を数字で見てみましょう。理想の力加減は150グラム程度です。力の入れ方を意識して、毎日のデンタルケアを改善してみましょう。

一覧へもどる