お役立ちコラム

歯がしみる…この症状は虫歯?それとも知覚過敏?

虫歯

■虫歯と知覚過敏の違いとは
冷たいものや甘いものがしみるのは、初期虫歯も知覚過敏も同じです。歯科医のように特別な知識がない限り、しみるというだけでは初期虫歯と知覚過敏の区別をつけるのは非常に難しいでしょう。このまま放置していると、初期虫歯は症状が進行します。しみるという症状からズキンズキンという激しい痛みに変わり、痛みが慢性的に続くようになってしまうのです。症状が進行してようやく、虫歯と知覚過敏の区別がつけられるようになります。できるだけ「しみる」症状のうちに歯科を受診し、治療を受けることが大切です。

■なぜ知覚過敏になるのか
歯は、表面のエナメル質と象牙質が歯髄(歯の神経)を守っています。知覚過敏は、硬くて丈夫な表面のエナメルが何らかの理由でなくなってしまうことによって歯髄に刺激が伝わりやすくなり、起こります。エナメル質がなくなってしまう原因をご紹介します。

・歯肉の退縮
歯肉(歯茎)は、年齢とともに退縮していきます。それによって、エナメル質に守られていない歯の根元部分が少しずつむき出しになってしまうのです。象牙質の表面は、歯ブラシが当たったり、極端な温度のものが口内に入ったりするだけでも刺激を受けてしまいます。以前と比べて歯が長くなったと感じたら、歯肉が退縮しているのかもしれません。

・歯が欠けたり、折れたりする
転倒や打撲で歯が破折し、エナメル質が欠けて象牙質が露出してしまうことによって、象牙質や歯髄に刺激が伝わりやすくなります。残った歯に亀裂が入ってしまい、状態によってはそこに細菌が侵入して炎症を起こしてしまうことも。

・歯がすり減ってしまう
わずかずつではありますが、歯はすり減ります。その結果、エナメル質がなくなってしまい、象牙質が露出してしまうのです。歯のすり減り方は人それぞれで、大きくすり減っていても知覚過敏になりにくいこともあります。逆に、ほんの少し象牙質が露出するだけで知覚過敏が起きることがあります。

・歯が溶ける
虫歯菌が酸で歯を溶かす以外にも、日常的に口にする食べ物や飲みものによって歯が溶けてしまうことがあります。エナメル質はph5.5程度で溶け始めてしまいます。日本酒やビールといった酒類、スポーツ飲料やジュースなどは、エナメル質が溶けてしまうph5.5以下の酸性度を示します(phの数値が低いほど強い酸性を示します)。ミネラルウォーターや緑茶などは酸性値が弱いので、知覚過敏が気になる場合は日頃の飲み物を変えてみるといいでしょう。

・虫歯の治療にともなう知覚過敏
歯を削ったり歯石を取ったりという虫歯の治療を行うことで、一時的にその歯に知覚過敏が起こりやすくなることがあります。治療方法によっては、噛み合わせたときに痛みを感じる場合もあります。しばらく経過を見るのが一般的ですが、あまりに症状が続く場合は再治療や歯髄を取り除くことも検討されます。

・ホワイトニングにともなう知覚過敏
ホワイトニング(歯を白くする施術)を行うことによって、一時的に知覚過敏が起こることがあります。ホワイトニングのために使用される薬剤が原因ともされていますが、未だに詳しいことはわかっていません。ほとんどの場合、ホワイトニングが終われば知覚過敏の症状も治ります。

■知覚過敏の治療、予防法
知覚過敏は歯のエナメル質がなくなることによって起こるので、治療法としては、歯の再石灰化を促すことが挙げられます。生活習慣の改善や日々のデンタルケアで、歯の再石灰化を活発にすることができますので、歯科医から指導を受けてみましょう。

すでに露出してしまった象牙質を被膜で覆ったり、歯髄が刺激を受けにくくする薬を服用することも行われます。すでに出ている症状を抑えながら歯磨きなどで歯の再石灰化を促し、少しずつエナメル質を回復させていくことができます。

知覚過敏の予防法は未だ確立されていません。歯肉の退縮を防ぐという観点から、歯周病の予防が知覚過敏の予防への第一歩ともいわれています。歯だけでなく歯肉の健康を守ることで、少しでも健康な口内を保つことができるのです。

一覧へもどる