お役立ちコラム

肩こりと虫歯の関係

虫歯

■歯や歯ぐきの不調が肩こりの要因かも?
肩こりや頭痛といった症状には歯や歯ぐきの状態が密接な関係を持っているとされています。歯や歯ぐきの状態は体のさまざまな部分で影響を及ぼします。虫歯を放置していたら肩こりが悪化した、虫歯を治療したら肩こりが治ったというケースも多く、どうしても肩こりが治らないという場合は、歯や歯ぐきの状態をチェックしてみることをおすすめします。

■歯や歯ぐきの不調が肩こりの要因となっている場合
歯や歯ぐきなど、口内のさまざまな不調が肩こりの原因となっている場合があります。

・噛み合わせが原因の場合
噛み合わせの偏りが肩こりの原因になっている場合があります。右側だけ・左側だけで噛んでいると、顎の筋肉や関節に負担がかかります。顎の筋肉は首や肩とつながっているのでそちらにも影響が現れ、肩こりの原因になります。
虫歯ができて痛むので、虫歯を避けてものを噛んでいるうちに顎に負担をかけている場合もあります。そのような場合には、虫歯を治療して噛み合わせを直したら嘘のように肩こりが消えたケースもあります。
もともとの噛み合わせが悪く、顎の筋肉に慢性的にストレスをかけてしまっていることもありますが、その場合、肩こりも慢性的なものとなっていることが多々あります。噛み合わせを矯正することで肩こりが解消する場合もありますが、噛み合わせの矯正は時間も手間もかかるもので、そのストレスからさらに肩こりが悪化してしまうことも考えられます。噛み合わせの矯正治療を行う場合には、肩こりの解消を目的に治療を受けるのではなく、矯正治療の副産物で肩こりが解消することもある、という認識で治療を受けるようにしましょう。

・虫歯の痛みが原因の場合
虫歯がもたらす痛みが、肩こりの原因となる場合もあります。虫歯の症状が進行して痛みが出ると、痛みをこらえようと奥歯を噛みしめたり、ぐっと体に力が入ったりしてしまいがちです。少しでも痛みの少ない楽な姿勢をとろうと背を丸めたり首を傾げたり、顎や肩にぐっと力をこめたりすることで、筋肉には相当なストレスがかかります。
このような場合、整体や運動、鎮痛剤などで肩こりを解消しようとしても原因となる虫歯の治療を行わない限り根本的な解決にはなりません。虫歯は放置せずに、症状が進行する前に歯医者で治療を受けるようにしましょう。

・歯ぐきの炎症が原因の場合
虫歯の症状が進行して歯の根の方に達すると、歯ぐきで化膿性の炎症が起きる場合があります。また、親知らずや歯周病など、さまざまな要因でも歯ぐきの炎症は起きます。この炎症がリンパ腺にも伝わり、首や肩の痛みにつながります。さらに、虫歯の場合と同じように、歯ぐきの炎症による痛みで力の入れ方や姿勢が悪くなり、そのストレスが肩こりの要因となる場合もあります。
歯ぐきが腫れることによって肩こりが引き起こされたり、慢性的に炎症を起こしている歯ぐきの腫れが、肩こりが起きるほどに体力が低下したことによって悪化したり、歯ぐきの炎症と肩こりは切っても切れない縁であることが多数あります。

■口内の健康を維持して肩こりを予防しましょう
歯や歯ぐきの健康は体のさまざまな部位の健康、とりわけ肩こりに深い関わりを持っています。直接的な要因にはなっておらずとも、巡り巡って要因の1つになっていることは多々あるのです。
肩こりの要因は複合的なことも多く、口内の治療をすれば必ず肩こりが解消されるわけではありません。しかし、口内の健康を保つことにより、歯や歯ぐきの不調が由来の肩こりを予防することができます。特に虫歯は軽度のものでない限り自然治癒するものではありません。放置することによってどんどん症状が悪化し、細菌が喉や脳内に入り込んで炎症を起こすなど、最悪の場合、命に関わる場合もありますので、なるべく歯医者で専門的な治療を受けることをおすすめします。

一覧へもどる