お役立ちコラム

初期虫歯が原因の「ホワイトスポット」の治療方法

虫歯

■歯の表面にできる白いシミ
歯の表面に白いシミができることがあります。これは、「ホワイトスポット」と呼ばれる歯のシミです。ホワイトスポットができる原因は、「初期虫歯」「幼少時の栄養不足」などさまざまです。ホワイトスポットは、歯を磨いたからといって簡単に落ちるものではないため、気になる人も多いのではないでしょうか。
ここでは、ホワイトスポットができるメカニズムや治療方法についてご紹介します。

■ホワイトスポットのメカニズム
歯の表面にある「エナメル質」は半透明白色です。エナメル質の奥には、やや黄味がかった色の「象牙質」があり、歯の表面の色はエナメル質と象牙質が組み合わさった色となります。エナメル質にはカルシウムが含まれていて、美しい白色を維持するためにもカルシウムは欠かせません。
ホワイトスポットができるのは、エナメル質のカルシウムが溶け出すことが原因と考えられています。カルシウムが溶けるのは、歯垢が溜まるなどが原因です。

■初期虫歯が原因のホワイトスポットの治療方法
初期虫歯が原因でホワイトスポットができてしまった場合、「フッ素治療」が有効です。フッ素には、初期虫歯の自然治癒を促す効果や酸の量を抑制する効果があります。歯医者のフッ素は濃度が高いことから、ホワイトスポットを改善できる効果がより期待できます。歯医者での治療と併せて、自宅で歯磨きをするときは、フッ素を多く含む歯磨き粉と歯のカルシウムを補う歯磨き粉の両方を使用しましょう。

■ホワイトスポットがあまり目立たないときの治療方法
ホワイトスポットがまだ小さく、あまり目立っていない場合の治療法ではホワイトニングが有効です。ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」があります。ホワイトスポットに有効なのは、オフィスホワイトニングです。オフィスホワイトニングとは、歯医者で歯を白くする方法で、歯を白くしたい部分に薬剤を塗り、レーザーやプラズマライトなどを照射します。オフィスホワイトニングは、ホワイトスポットを避けて歯を白くすることができるため、ホワイトスポットを目立たなくすることができます。
ホームホワイトニングは自宅でできるものですが、歯全体に薬剤を塗って歯を白くすることから、ホワイトスポットをさらに白くし、よりホワイトスポットを目立たせてしまうことになります。ですから、ホワイトニングでホワイトスポットを治療するときは、オフィスホワイトニングを利用しましょう。

■ホワイトスポットが目立つときの治療方法
ホワイトスポットが目立つときは、「ラミネートベニア」や「アイコン」で治療をするのが有効です。ラミネートベニアは、歯の表面を削って白色のセラミックを接着して歯を白く見せる治療方法です。セラミックは色が変色する心配がないため、歯の白さを維持できます。

アイコンは、カルシウムの不足している歯の部分にプラスチック樹脂を浸透させ、歯の白い濁りを抑制する治療方法です。エナメル質を強くし、酸性になるのを防ぐ効果があります。アイコンは、ラミネートベニアのように歯の表面を削ることなく治療ができます。

■ホワイトスポットの予防と対策
ホワイトスポットができないようにするためにも、日頃の歯磨きはとても大切です。特に虫歯からのホワイトスポットを予防するためには、フッ素を多く含む歯磨き粉を使用するのがおすすめです。フッ素の歯磨き粉を使用することで、歯の再石灰化を促進できます。それにより、歯のエナメル質を丈夫にし、ホワイトスポットを防ぐことにつながります。

もしホワイトスポットができてしまったら歯医者へ行き、医師と相談して適切な治療を行いましょう。虫歯が原因であれば虫歯の治療を、それ以外が原因でホワイトスポットができていたらホワイトスポットを目立たなくする治療をしてもらえます。

一覧へもどる