お役立ちコラム

虫歯治療で使用される被せ物にはどんなものがある?

虫歯

■虫歯によって欠損した部分を補うのが詰め物や被せ物です
虫歯菌は酸によって歯を溶かし、穴を開けたり歯の中の神経を壊死させたりします。虫歯治療では、虫歯部分を削り、穴が開いた部分は詰め物をしたり被せ物をしたりして歯の形を修復します。穴の部分は洗浄しにくく、食べかすや細菌が入り込みやすいため、詰め物や被せ物で蓋をするのです。この詰め物や被せ物に使用される素材はさまざまなものがあり、強度や見た目、金額が異なります。

■被せ物の仕組み
通常、虫歯によって欠損した歯は詰め物によって形を修復されますが、欠損が大きい場合は詰め物では状態を維持することが難しいため、被せ物が使用されます。被せ物は「クラウン」とも呼ばれ、歯の根を支えとして被せられる修復剤です。歯の根は自前のものが用いられるのが一般的ですが、虫歯が歯の根まで達していた場合などは、人工の根を埋め込んで支えとすることもあります。

■被せ物の素材の種類
被せ物に使用される素材にはさまざまな種類があります。口内の状態や噛む力の強さやアレルギーの有無によって使用できない素材もあります。

・金銀パラミジウム合金
一般的に「銀歯」と呼ばれる銀色の被せ物です。歯に馴染みやすい金属でできており、強い圧力がかかる部分にも使える強度を持っています。
健康保険が適用されることが多いため安価ですが、長年使用すると劣化したり、歯や歯ぐきが黒ずんだりといった影響が現れます。また、金属アレルギーを起こす場合があるので注意が必要です。

・ゴールド
一般的に「金歯」と呼ばれる金色の被せ物です。健康保険適用外のため自費治療となります。
金銀パラジウム合金より強度の強い金合金でできています。非常に強度が強く、経年劣化もほとんどありません。錆びにくく、金属成分が溶け出しにくいため歯や歯ぐきの変色の心配もなく、金属アレルギーも起こりにくくなっています。

・硬質レジンジャケット冠
硬質レジンと呼ばれる歯科用プラスチックの一種を使った保険適用の被せ物です。金属を使用していないので金属アレルギーの心配がなく、金属成分が溶け出すこともありません。白色の素材なので、金銀パラジウム合金やゴールドの被せ物よりも見た目がよく自前の歯になじみやすくなっています。プラスチック素材ですので強度があまり強くなく、時間が経つと変色してしまう点に注意が必要です。

・硬質レジン前装冠
金銀パラジウム合金と硬質レジンを合わせた被せ物です。前歯にのみ保険が適用されます。金属の被せ物の全面にのみ硬質レジンを張り付けて作る被せ物で、前側は白色、後ろ側は銀色になります。見た目が自然で、強度に優れている被せ物ですが、時間経過による変色、金属成分が溶け出すことによる歯や歯ぐきの黒ずみといった問題点は残ります。

・オールセラミック
金属をまったく使用しない、陶器でできた被せ物です。義歯のなかで、もっとも色や透明感が自然の歯に近いとされています。表面に汚れがつきにくいため清潔さを保ちやすく、変色や虫歯の心配が少ないという利点もあります。しかし、保険適用外のため費用が高く、陶器の性質上、割れる心配があるという問題点があります。すべてセラミックを使用するタイプや、人造ダイヤにも使用されるジルコニアを使用して強度を上げたタイプなどさまざまな種類があります。

・メタルボンド
金属の被せ物をセラミックで覆ったタイプの保険適用外の被せ物です。金属のため強度に優れており、見た目はセラミックのため自然な仕上がりとなっています。

・ハイブリッドセラミック
セラミックとレジンを混ぜ合わせた保険適用外の被せ物です。プラスチックを用いるためオールセラミックより劣化や変色がありますが、オールセラミックより安価に作ることができます。

■大切な歯の被せ物はよく検討して決めましょう
被せ物は歯を大きく削らなければならず、また素材によっては保険適用外となるため高価で、施術のために複数回通院しなければならないので、必要でない限りは被せ物を選択しない歯医者もいます。どういった治療を施すか、被せ物をするのであればどんな素材を使用するか、治療プランを歯医者とよく話し合って検討することが大切です。

一覧へもどる