お役立ちコラム

初期虫歯なら病院で治療をしなくても自然に治る可能性が…

虫歯

■虫歯は放置するほど悪化する
虫歯は自然治癒しません。一度、発生すると、歯医者で虫歯治療を受けなければ元の健康な歯に戻すことはできないのです。それどころか、放置すればするほど症状は悪化していくことになります。
しかし、虫歯がまだ「初期段階」であれば、場合によっては虫歯治療を受けずとも健康な状態に戻せる可能性があります。
その理由としては、人間の歯にもともと備わっている「再石灰化」という現象が深く関係しています。
そこで今回は、「虫歯の段階」と「歯の再石灰化」についてご紹介します。

■虫歯には5つの段階がある
虫歯には5つの段階があり、アルファベットの「C」と数字で表されます。

・C0
歯の表面には、透明な「エナメル質」というものがあります。しかし、虫歯になると透明感が失われ、少しずつ白濁してきます。この段階がC0で、虫歯の初期段階です。
歯の痛みや違和感はなく、丁寧な歯磨きやキシリトールの応用により虫歯を撃退することが可能です。

・C1〜C4
虫歯が進行するにつれ、感じる痛みや異常の程度も変化します。また、目で見た歯の状態も同様に変化します。
C1の段階に移ると歯の表面に小さな穴が空きます。痛みはありませんが、これを治すには歯医者で虫歯治療を受けなくてはなりません。
C2まで進行すると、冷たい飲み物を口に含んだ際に痛みを感じるようになり、さらに症状が悪化すると、痛み止めが効かないほど強い痛みを常に感じるようになります。また、発熱に悩まされることもあります。
そして、C3〜C4に到達してしまうと、菌に侵された歯は歯医者で抜歯しなくてはなりません。

以上が虫歯の段階です。
初期段階とC1〜C4の違いは「歯に穴が空いているかどうか」です。穴が空いていない状態であれば、セルフケアにより虫歯を撃退できる可能性があります。

■穴を空ける原因「脱灰」と、それを防ぐ「再石灰化」
ここで、再石灰化と併せて知っておきたい、穴ができる原因となる「脱灰」についてご説明します。そのあと、脱灰を防ぐための「再石灰化」についてご説明します。

脱灰とは、プラークによって歯の表面が溶けることをいいます。食事から糖分を吸収した菌がエナメル質に酸を出すことで、歯はミネラルやイオンを損失してしまいます。これにより、歯の表面に穴を作ってしまうこととなるのです。
そして、この流れを止めるために重要なのが、再石灰化です。再石灰化とは、脱灰により流れ出てしまったミネラルやイオンが再度歯の表面に戻っていき、表面を修復することをいいます。この再石灰化という現象の発生により、虫歯を食い止めることができます
脱灰と再石灰化は、食事をするたびに発生する現象です。つまり、歯の表面の穴は誰にでも起こりうる恐れがあるということが分かります。

■強くて頑丈な歯を作る
再石灰化は、より頑丈で虫歯に負けない歯を作るのにも効果的です。脱灰により溶けてしまったエナメル質の強度を増す働きがあるため、エナメル質が溶ける前よりも丈夫な歯になれます。
つまり、再石灰化が繰り返し行われてきた歯に比べ、生えて間もない永久歯は虫歯になりやすいということです。
ここで、再石灰化を促すのに有効なものをご紹介します。

・唾液
唾液の分泌が多いと、それだけ再石灰化を促進することができます。
寝る前に甘いものを食べると虫歯になりやすい、というのは、就寝時には唾液の分泌量が少なくなり、再石灰化が行われる回数が少なくなるためなのです。
そのため、虫歯にならないようにするためには、就寝前の飲食を控えることが大切です。

・キシリトールガムを噛む
唾液の分泌を促すには咀嚼が効果的で、咀嚼回数を増やすにはガムの噛むという方法が有効です。そしてガムのなかでも、虫歯の予防対策に有効な成分といわれているキシリトールガムが推奨されます。
さまざまな臨床研究において「キシリトールが虫歯の予防対策に有効」という結果が報告されています。

■歯医者へ相談することが大切
再石灰化により虫歯の発生を防ぐことが可能ですが、虫歯になる確率がゼロになったわけではありません。再石灰化と比較して脱灰の発生が多いと、修復が追いつかなくなる可能性があります。そのため、大切なのは常に清潔な口内を保ち、脱灰を抑制することだといえます。
日々の歯磨きを徹底し、菌に負けない歯を作ることが大切です。また、少しでも歯に痛みや異常を感じた際は、早急に歯医者に相談することも大切です。
初期段階であればあるほど異常に気付きにくいため、常に歯の健康状態をチェックしておくのが望ましいでしょう。

一覧へもどる