お役立ちコラム

目立つ前歯の虫歯にはどのような治療が行われている?

虫歯

■目立つ前歯の虫歯……きれいに治療することはできる?
虫歯によって歯が黒ずんだり、歯に穴が開いてしまったり、更には前歯が抜けてしまうといった変化は、前歯の場合とても目立ってしまいます。口を開くのも恥ずかしい、歯医者にも行きづらいと思う人は多いようです。虫歯は放っておくとどんどん悪化してしまいますから、早期治療が大切となります。
前歯は奥歯と違って目立つ場所ですので、治療中の状態や治療の跡が分かりづらいことが重要です。前歯の虫歯をきれいに治す治療方法についてご紹介します。

■きれいな前歯を取り戻すための治療方法
前歯の虫歯の治療方法は、虫歯の進行状況や見た目の変化の仕方によって異なります。
被せ物などに金属を使用する治療方法もありますが、金属成分が溶け出して歯や歯ぐきが黒ずんでしまうため、目立つ前歯の虫歯治療に金属を使用することはおすすめしません。

・虫歯によって歯に小さな穴が開いてしまった場合
虫歯の初期段階で、前歯に小さな穴が開いてしまった場合、虫歯を取り除いて穴の部分に詰め物を入れます。詰め物は、コンポレットレジンと呼ばれるプラスチックの合成樹脂です。可視光線を当てると硬くなる性質を利用し、粘土のようなペースト状の樹脂を歯の隙間を埋めるように塗りこんで固めます。歯の色に近いものを使うため、詰め物の痕が目立たず、自然な仕上がりとなります。施術に必要な時間もそれほど長いものではないため、1日で元の見た目を取り戻すことができます。

・虫歯によって歯が欠けてしまった場合
虫歯が進行すると、前歯が欠けることがあります。穴が開いたときと同様、コンポレットレジンで欠けた部分を埋める方法が有効です。しかし、欠けた部分が大きい場合、コンポレットレジンだと割れやすくなったり取れやすくなったりしてしまいます。
セラミックをはりつけるという方法もあります。セラミックは陶器の一種で、見た目の美しさが特徴の治療方法です。変色せず、長期間きれいな状態が続きます。ただし、歯ぎしりなど強い力がかかり続けると欠けたり割れたりすることがあるので注意が必要です。

・虫歯によって歯が黒く変色してしまった場合
虫歯が神経にまで達すると、神経が虫歯の毒素によって死んでしまいます。神経が死んだ歯は黒ずんでしまうので、神経の治療をした後に処置をします。歯を白くする薬剤でホワイトニングをし、白い状態に戻した後で、コンポレットレジンで詰め物をします。この方法だと歯を削らずに白くすることができますが、時間の経過と共に色が戻ってしまうことがあります。
また、神経を抜いた歯はもろく、折れやすくなります。折れるのを防ぐために、根の部分をファイバー繊維で補強し、セラミックを被せるという方法も有効です。

・虫歯によって歯が折れてしまった場合
虫歯が根元部分に広がった場合、歯が折れてしまうことがあります。根元部分が残っていれば、治療をした後にファイバー繊維で根を補強し、セラミックを被せます。

・虫歯によって歯が揺れている場合
特に金属の土台が入っていると、虫歯の治療によって歯が薄くなった場合、歯が根本から折れてしまうことがあります。前後の歯を削って土台とし、橋のようにかけるブリッジは、口の中でなじみやすく、違和感が少ないとされています。前後の歯を削りたくない場合や、前後に歯がない場合は、抜歯をして人口の根を埋め込んでセラミックなどの被せ物をします。

■継続したメンテナンスが重要
歯をきれいに治療するにあたって、歯ぐきの状態や治療途中の歯の状態は重要です。歯ぐきが腫れている場合、歯ぐきからの出血によって治療がうまくいかなかったり、歯ぐきが下がっている場合、歯の根の部分が露出してしまったりといった不都合が発生します。
更に、せっかく虫歯を治療してきれいな状態にしたとしても、再び虫歯になってしまった場合、歯がもろくなってしまったり、歯周病になってしまうなど口内の環境が悪化してしまいます。きれいに治療した後は、虫歯や歯周病にならないようにメンテナンスを継続させていくことが大切です。

一覧へもどる