お役立ちコラム

虫歯治療にかかる期間

虫歯

■進行具合によって治療期間が変わる
虫歯ができてしまったら、早めに治療を行うことが大切です。しかし、忙しくてなかなか歯医者に行けないという人も多いはず。虫歯が進行していくことで歯医者に通う回数が増え、多くの時間が取られてしまいます。進行具合によっては、一般的な治療期間よりも長引いてしまう可能性が考えられます。ここでは、虫歯の治療回数と合わせて治療期間についてご紹介します。

・治療回数1回
虫歯の深さが1〜3mm程度だと、一度の治療で済むといわれています。痛みがないため自分では気づきにくいのが特徴です。歯科検診を受けたときに見つかる初期の虫歯のほとんどが一度の治療で完治できます。ただ、虫歯の深さが3mm程度であっても、歯の中にある神経が炎症を起こしていると治療が長引いてしまう可能性もあるため、注意が必要です。一度の治療で済む虫歯の範囲は、歯の面積の5分の1程度です。これ以上の大きさだと、複数回の治療が必要になる場合があります。歯の溝の一部にできた虫歯や、歯と歯の間にできた虫歯などが主な症状です。

・治療回数2〜3回
虫歯の深さは2〜5mm程度。自分で気づくことができる程度の小さな穴がある場合が多いとされています。自覚症状がない場合と軽度の痛みを伴う場合があります。強い痛みではないため、神経の治療を行わないケースが多いといわれています。以前に歯の神経を取り除く治療をした場合は、大きい虫歯でも2、3回程度で治療を終わらせることができます。

虫歯の範囲は3分の1程度の大きさまでなら、この回数で治療可能です。治療回数が1回の場合は樹脂などで削った部分を埋めて完了となりますが、治療回数が2〜3回の大きい虫歯だとその樹脂では折れたり欠けたりする恐れがあります。そのため、虫歯を取り除いた部分に銀歯など金属の被せ物(インレー)を被せることが多くあります。被せ物ができるまでに数日かかるので、期間は短くても1週間程度と見積もっておきましょう。

・治療回数4回〜
上記で記載した虫歯よりも深く、神経に到達してしまう程の場合には4回以上の治療回数になります。食べたり飲んだりすることでズキズキした痛みを伴うことがあり、ひどい場合は歯の神経を取る、歯の根の周囲に溜まっている膿を取り除くといった治療を行います。歯の表面だけでなく、歯の内部の治療をする可能性が高くなります。

症状がひどいときは、内部がスカスカになっていたり、歯の白い部分が溶けてしまい歯茎と同じ高さになっていたりすることも。神経の治療や溶けてしまった歯の土台作りなどにより、余計に治療期間が長くなることも考えられます。進行具合や治療内容によって異なりますが、数週間から長い場合は数か月も通い続けなければならない場合もあります。

■虫歯治療が長引くワケ
治療回数が2回以上の場合、虫歯が進行してきていることが考えられます。それによって削る部分が多くなり、金属の詰め物や被せ物が必要になります。実際に治療回数が2回の場合でも、自分の歯に合った詰め物や被せ物ができ上がるまでに時間がかかってしまうので、数日〜1週間程度、期間を空けなければなりません。そのため治療期間が長くなってしまうのです。

・一度に治療する虫歯は1〜2本
歯医者で治療を行う時間は、治療箇所によってもさまざまですが、一般的には約30分〜1時間。これは患者に負担をかけないようにするためだといわれています。麻酔を同時に何箇所もかけられないという事情もあるため、一度に何本もの虫歯を治療することができないのです。

・虫歯以外の治療も一緒に行う
虫歯の治療を行う場合、歯周病などの治療も一緒に行う場合があります。それにより、虫歯の治療は終了したけど歯周病の治療がまだ残っている、ということもあるのです。治療する歯の本数が多ければ、それに比例して治療期間も長くなっていきます。定期的に歯科検診を行い、虫歯や歯周病などが進行する前に早期治療ができるよう心がけましょう。

一覧へもどる