お役立ちコラム

食生活を改めて虫歯予防に繋げる

虫歯

■あなたの食生活は大丈夫ですか?
毎日欠かさず歯磨きをしたり、積極的に歯医者で治療を受けたり。これらも立派な虫歯予防対策のひとつですが、それよりも前にやっておくべき対策があります。
それは“食生活の見直し”。虫歯ができる原因のひとつに、食生活が挙げられます。食事は毎日摂るものなので、食事を改善しなければ、いつまで経っても虫歯をきちんと予防することはできないのです。
そこでここでは、虫歯になる食生活、虫歯にならない食生活についてご紹介します。

■虫歯を招くのは甘いモノだけじゃない
虫歯菌が歯を溶かす酸を作り出すためには、糖が必要です。その糖をたっぷりと含んでいる食べ物こそが甘いモノ。「お菓子は虫歯になりやすい」といわれているのは、このためです。
しかし、実際にはほかにも虫歯になりやすい食べ物がたくさんあります。

・酸っぱいモノ
虫歯になりやすい食べ物は甘いモノだけと思われがちですが、実はみかんやレモンなどの果物、柑橘系のジュースなど「酸っぱいモノ」も当てはまります。
虫歯は、虫歯菌が出す酸により歯が溶けることで起こります。酸っぱいモノは、この虫歯菌が出す「酸」の役割を果たすことになるため、酸っぱいモノを食べることで知らず知らずのうちに虫歯を作り出していることになるのです。

・歯に張りつきやすいモノ
あめ玉やキャラメルのような歯に張りつきやすい食べ物は、食べカスが歯間に残りやすいため、虫歯になりやすいといえます。これらを食べること自体は問題なく、食べたあとのケアをしっかりと行うことが大切なのです。

■食事のとり方にも要注意
虫歯になる原因には食べ物だけでなく、食事の摂り方も大きく関係しています。
食事を終えたあとの口内は、歯を溶かす酸性の状態になっています。これを防ぐために、唾液が力を発揮しますが、唾液の効果が出るまでにはある程度の時間が必要になります。したがって、唾液の効果が出る前に間食をしてしまうと、口内を酸性から中性に戻すことができず、虫歯の進行を後押ししてしまうことになるのです。そのため、食事は朝・昼・晩の3回に限定し、なるべく間食はしないように心がけましょう。

■カルシウムとビタミンD・Cで虫歯予防
食材に含まれるカルシウムやビタミンD・Cは虫歯予防に効果があるとされています。そのため、これらが含まれる食材を食べるだけで、簡単に虫歯を予防することができます。

・カルシウム
カルシウムは骨を丈夫にする栄養素として知られていますが、同様に歯も丈夫にしてくれます。カルシウム成分は、主に牛乳やチーズなどの乳製品、納豆や豆腐などの大豆製品、小魚などに含まれています。

・ビタミンD・C
ビタミンDはキノコやたまごに含まれています。ビタミンDのみを単独で摂取することでも虫歯予防効果を得ることはできますが、カルシウムを含む食材と一緒に食べることで、より高い効果を得ることができます。
ビタミンCはホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜や、果物に多く含まれています。これらの栄養素を逃さず、しっかりと得るためには、炒めるという調理法がもっとも適しているといえます。なお果物の場合は、生で食べることをおすすめします。

■虫歯を予防する食事の摂り方
虫歯の原因を把握したうえで食事の摂り方を見直せば、より効果的に虫歯を予防することができます。

・食べる回数に気をつける
先述のように、食事回数が増えると、唾液の働きが間に合わず口内が酸性の状態から抜け出せなくなってしまうので、虫歯の進行を後押ししてしまいます。したがって、1日の食事回数を減らすことをおすすめします。そうすれば口内を酸性から中性にすることができ、虫歯を効果的に防ぐことができます。

・30回以上噛む
唾液の分泌を促すことで、プラークの形成を阻止することができます。唾液をたくさん分泌するためにも、一口につき30回以上噛むことを心がけましょう。柔らかい食べ物の場合は噛み続けることが困難になるため、固めの食べ物または噛みごたえのある食べ物を摂るようにしましょう。また、噛むという意味では食後のキシリトールガムも有効です。

■自分の食生活に目を向ける
虫歯を予防しようと、歯みがきを丁寧に行ったり積極的に治療を受けたりすることは、とてもよいことだといえます。しかし、まずは自分の食生活に目を向けてみることも大切です。“虫歯にならない食生活”を意識することで、誰でも簡単に虫歯を予防することができます。自分自身の食生活を見直し、問題があればそこから改善していきましょう。

一覧へもどる