お役立ちコラム

痛みに弱い…そんな方でも大丈夫!今どき虫歯治療

虫歯

■痛くない虫歯治療ってあるの?
最新の虫歯治療には、痛みを感じることなく虫歯を取り除く治療法があります。本来の虫歯の治療は、歯を削って金属のかぶせ物をしたり、時には神経ごと除去したりする必要があります。そのため、虫歯治療には痛みが付きものといったイメージを持つ人が多く、なかには治療時の痛みのことを考えて治療に踏み出せないこともあるのではないでしょうか。しかし、医療の発展にともなって、虫歯医療の現場には「痛みを感じない治療法」が導入されるようになりました。ここでは、そうした無痛の虫歯治療をご紹介します。

■麻酔を利用する無痛医療
麻酔を利用した虫歯治療は、一般的に全国の歯科医院で行なわれており、痛みを感じない虫歯治療としては最もオーソドックスな治療法です。麻酔を利用するかしないか判断する基準は、「患者側の希望」「虫歯の深さ・大きさ」です。痛みの許容度は人それぞれのため、患者側の要望は重要視されます。虫歯治療の痛みに不安が残る人は、麻酔を希望する旨を伝えましょう。
麻酔時の痛みを軽減するために、以下のような工夫が行なわれています。

・注射針は超極細
虫歯治療で使われる麻酔針は、一般的に使われている採血針の三分の一の太さです。細ければ細いほど、注射した時の痛みは小さくなります。

・注射する前に「表面麻酔」を使う
表面麻酔とは、歯肉の表面に塗る麻酔のことです。表面麻酔を使うことにより、麻酔注射を刺したときのチクッとした痛みや不快感を和らげます。

・「笑気吸引鎮静法」「静脈内鎮静剤法」を利用する
虫歯治療への強い不安が残っている人のために、「笑気吸引鎮静法」と「静脈内鎮静法」が用意されています。「笑気吸引鎮静法」とは、笑気ガスを吸引してリラックス状態を作り出す方法。「静脈内鎮静法」とは、静脈内に鎮静剤を投与する方法です。

麻酔を利用した虫歯治療を行う場合、歯科医と相談して自分に合った治療法を探すことが大切です。不安が残らない治療法を選択しましょう。

■麻酔を利用しない無痛治療
本来の虫歯治療で使われているエアタービン(歯などを削る回転切削器具)を使用しないため、今までの不快感や恐怖感がありません。全国の歯科医院で選択できる治療法ではないため、あらかじめ治療を行っているかどうかを確認しましょう。麻酔を利用しない虫歯治療は以下の通りです。

・エアーアブレーション治療
エアーアブレーションとは、酸化アルミニウムの微粒子を高圧力で噴射して、正確に虫歯を削る治療器具です。ドリルのような振動や音がないため、虫歯治療の独特のキーンという音が苦手な人におすすめの治療法です。しかし、エアーアブレーションでは深くまで削れません。一般的に軽度の虫歯の治療に使われることが多いです。

・レーザー治療
レーザーを当てることによって虫歯部分を瞬間的な高熱で蒸発させ、その穴に詰め物をする治療法です。少しずつ蒸発させていくため、健全な歯を削ることなく虫歯を取り除けます。レーザーには殺菌効果・止血効果・麻酔効果があり、治療の痛みを軽減させる効果が期待できます。

・カリソルブ治療
薬剤(虫歯治療液)で虫歯を軟らかく溶かし、専用の治療器具で掻き出していく治療法です。他の虫歯治療に比べると時間と経費がかかりますが、虫歯部分のみを溶かす薬剤を使用するため、不必要に健康な歯を除去する心配がなくなります。

エアーアブレーション治療法、レーザー治療法、カリソルブ治療法などの無痛治療法は保険適応外の場合もあるため、往来の治療法よりも費用がかかってしまうことがあります。歯科医と相談して、自分が納得のいく治療法を選択してみましょう。また、これらの治療法は進行する前の小さな虫歯の治療に向いています。治療時の痛みをなるべく軽減させるためにも、虫歯の早期発見・早期治療を心がけましょう。

一覧へもどる