お役立ちコラム

虫歯の治療中や治療後の痛みどうしたらいい?

虫歯

■歯の治療中の痛み
歯の治療中の痛みに苦しんでいる人は多いのではないでしょうか。あの痛みを少しでもやわらげることができれば、もっと楽に治療が受けられるはず。ここでは、治療中の痛みの原因と対処法についてご紹介します。

■歯を削る痛み
虫歯などの治療中に感じる、歯を削る痛み。歯には神経がたくさん通っており、少し削っただけでも激しい痛みを感じてしまう人もいます。なかには、治療後にも数日に渡って痛みが取れないという人も。ここでは、歯を削る痛みの対処法について紹介します。

・歯を削るときの痛みの原因
歯は、いくつかの層によって形成されており、層が深くなればなるほど神経に近づいていきます。表面のエナメルには神経が通っていないため、表面を削るだけの治療の場合は、それほど痛みを感じることはないでしょう。しかし、表面の下層にある象牙質には神経からつながる象牙細管という管が通っているため、その部分を刺激すると痛みを感じます。治療では虫歯の進行を引き止めるために、象牙細管を閉じる、または固めるため、直接的に刺激を与えてしまいます。神経とはまだ距離があるため、そこまで激しい痛みを感じない人もいます。しかし、神経が敏感な人の場合は我慢できないくらいの痛みを感じてしまうのです。

・麻酔をしてもらう
歯を削るときの痛みを和らげる方法として、最もオーソドックスなのは麻酔です。麻酔によって、治療中に神経を麻痺させれば、その間だけ痛みを感じることなく治療を受けることができます。しかし、麻酔は人によって効果が違うため、完璧に痛みが消えるかといわれればそうではありません。また、効果がずっと続くわけではないので、麻酔が切れた後はやはり痛みを感じてしまいます。しかし、治療中の痛みを和らげる方法としては、一番だといえるでしょう。

・いくつかの麻酔を試してみる
麻酔は効果が人によって違うため、どの麻酔が自分に合っているかを治療しながら決めていくとよいでしょう。最近では注射ではなくて、マウスピースで麻酔を細胞に浸透させることができるので、麻酔を打つときの痛みを感じることもありません。それでも自分に合った麻酔がないという場合は、歯を削らずに治療できる方法を試してもらうとよいでしょう。

■歯の根っこ治療の痛み
虫歯の症状がひどく、強い痛みを感じる場合は、歯の根っこの神経ごと取り除く必要があります。こうなると、治療には麻酔が必要不可欠です。マウスピースなどではなく、注射器で神経に直接麻酔を施すため、麻酔時には痛みを感じます。根っこまで虫歯が進行した場合は、細菌を残さず取り除くため、数回にわたって治療を受ける必要があります。

・自分に合った麻酔を見つける
歯の根っこの治療は、必ずといってよいほどに強い痛みを感じます。そのため、歯科に置いてある麻酔で効き目が弱いときは、早めに歯科医に相談して違った麻酔を使ってもらうようにしましょう。また、治療中に歯茎や根っこに膿が溜まってしまう可能性があります。膿の痛みは、切開して外に出すことでだいぶ収まるので、処置してもらいましょう。

■歯の治療後の痛み
歯を削る、または、根っこの治療を行うと、治療後でも痛みを感じることが多々あります。神経が敏感になっている、または、炎症がまだ収まりきっていないのが原因です。治療後には、腔内になるべく刺激を与えないことが大切です。極端に暑いものや冷たいものは口にしないようにしましょう。また、運動や入浴などによって体が熱くなると炎症が悪化するので、痛みが収まるまでは控えたほうがよいでしょう。また、それでも痛みが引かない場合は、歯科医に相談して痛み止めなどを処方してもらうことで、痛みを和らげることができます。

一覧へもどる