お役立ちコラム

口臭キツい?親知らずが原因かも?

口臭

■口臭の原因
しっかり歯磨きをしていたり、ブレスコントロール用のガムを噛んだりしているのにもかかわらず口臭が気になるという場合には、口ではなく胃腸が原因かもしれません。どんなに口内をケアしても口臭が収まらないのであれば、消化器科や内科を受診してみることをおすすめします。

ただ、多くの場合、口の中をしっかりキレイにできていないことが口臭の原因です。虫歯や歯周病の有無、舌の汚れなど、問題は口内のあちこちにあります。実は、「親知らず」もそのひとつ。親知らずが生えていて、そのまま抜かずに放置しているという人は、少し気をつけてみた方がいいかもしれません

■親知らずが口臭をキツくさせる原因
・食べかす、汚れがたまりやすい
親知らずの生えている位置や向きは、人によって異なります。きちんと上下噛み合うように生えている人もいれば、斜めや横向きに生えていて、しかも、上から歯肉が覆いかぶさっているような人もいるのです。親知らずを隠すように覆っている歯肉のことを「歯肉弁」といいます。親知らずと歯肉弁の間には隙間が空いている場合が多く、ここに食べかすや汚れがたまってしまうと、通常の歯磨きではなかなか落とすことができません。食べかすや汚れが腐敗すると、それが口臭の原因になります。

・歯周病になりやすい
食べかす、汚れがたまりやすい親知らずは、歯周病の原因にもなりやすいのです。歯周病になると、歯周病菌が歯の根本の骨を溶かしてしまい、歯が抜けたり歯茎から出血したりするようになります。また、歯と歯茎の間に歯石が入り込み、「歯周ポケット」という隙間ができてしまいます。歯肉弁と同じように、歯周ポケットにも食べかすや汚れがたまりやすく、歯ブラシの毛先も届きにくいため清潔に保つことは困難です。また、歯周病になると膿がたまりやすくなり、それが口臭の原因になることもあります。

・虫歯にさせやすい
人によって位置や向きが異なる親知らずは、歯磨きだけでは清潔に保つことが難しいため、虫歯になりやすいといわれています。また、ほかの歯にかぶさるような位置や方向に生えている親知らずは、ほかの歯を清潔に保つことも邪魔してしまいます。その結果、親知らずだけではなく、手前にある歯も虫歯になりやすくなってしまうのです。虫歯が進行すると、歯の根本に膿がたまり、これが口臭の原因となってしまうことがあります。

■治療後も注意!親知らずを抜くことが口臭の原因になることも
ただし、「親知らずを抜いてしまえば口臭も改善される」というわけではありません。実は、親知らずを抜くことがきっかけで、口臭がひどくなってしまうこともあります。
親知らずを抜歯したあとの穴は、凝固した血液が塞ぎます。これは細菌の感染を防ぎ、粘膜と骨が再生するまで保護するためです。凝固した血液は粘膜と骨が再生するに伴って自然と剥落しますが、それまでの間は食べかすや汚れが付着しやすく、口臭の原因になりやすいという問題があります。また、強く歯ブラシなどでこすると凝固した血液が壊れてしまい、再生中の組織が傷ついてしまったり感染症にかかったりする危険性があるため、清潔に保つことも難しいのです。親知らずを抜いた後の穴がきちんと塞がるまで、強くこすり過ぎないように注意する必要があります。

■親知らず、どうしたらいいのか
「放置してもダメ、治療をしてもダメ」となれば、親知らずが生えてしまったら、もう口臭に悩まされるのは決まっているように思えるかもしれません。ですが、きちんと適切な対処を講じることで、親知らずが原因の口臭を対策することは可能です。

まず、虫歯や歯周病の原因になりそうな親知らずは、できるだけ早めに歯医者で抜くようにしましょう。放置することで生じるリスクのほうが、圧倒的に危険性が高いのです。抜歯をした後は、なるべく抜歯をした側の歯で物を噛まないようにしたり、口のなかに残りやすいものを避けましょう。粘膜と骨が再生するには1〜2か月ほどかかります。その間は口臭の原因になることをなるべく避けることが大切です。

一覧へもどる