お役立ちコラム

歯周病の原因から予防策を探る

歯周病

■歯周病とは
歯周病は、歯を支えている骨が溶けていく病気。症状が進行すると、歯の支えがどんどんと弱くなり、やがて歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は、30代以上の人の約80パーセントが発症しているといわれており、「自分は大丈夫だ」と思っていても症状が進行している可能性があります。

歯周病の初期症状は、歯茎の腫れや歯の揺れなどで、少しでもこれらの症状を感じた人は歯周病対策を始めた方がよいでしょう。今回は歯周病から歯を守るために、歯周病の原因と予防策についてご紹介します。

■歯周病の原因
歯周病は、腔内にいる歯周病菌が増殖することによって発症する病気です。ここでは歯周病菌が増殖する原因について解説します。

・歯垢から歯石
歯周病菌が増殖する最大の原因は、歯垢です。歯垢に含まれるアミノ酸は、歯周病菌の一番の栄養素。口内に歯垢があればあるほど、歯周病菌はどんどんと増殖していきます。歯垢を除去せずにそのまま放っておくと歯周病菌の住み家となり、歯と歯茎の間で固まっていきます。歯周病の温床となった歯石は、歯磨きでは除去できないため、歯周病菌がどんどんと歯茎の間から侵入していき、歯周病を引き起こしてしまうのです。

・歯の被せ物、ブリッジ、入れ歯
虫歯治療による歯の被せ物や、ブリッジ、入れ歯などは、歯周病菌を増殖させる原因となってしまいます。歯の被せ物は、歯垢が溜まってしまうポイントのひとつ。腔内の歯垢が溜まる場所が増えると、その分、歯周病菌の量も増えていき、歯周病を進行させてしまうのです。また、ブリッジや入れ歯は、歯の負担となり、歯周病によって緩んだ歯をさらに不安定にさせてしまいます。

・歯ぎしり、親知らず
歯ぎしりや、親知らずも歯周病を進行させる原因となります。歯ぎしりは歯に強い力が働くため、歯の負担となります。また、親知らずがあることで、歯と歯、歯と歯茎の間に隙間ができて、そこに歯垢がたまり、やがて歯石となり、歯周病菌の増殖を招きます。

■歯周病の予防策
歯周病の原因となっている、歯垢や歯石。これらを除去することによって、歯周病の悪化を防ぐことができます。ここでは歯周病の予防策をお伝えします。

・歯垢(プラーク)、歯石を予防
毎日の歯磨きで、歯垢をある程度、除去することができますが、歯と歯の間にこびりついた歯垢や歯石は、歯磨きだけではキレイに除去できません。そのため、歯磨きと合わせてデンタルフロスなどで口内の歯垢や歯石をキレイに取り除くクセをつけましょう。これだけでも、歯周病予防としてかなり効果的です。また、固まってしまった歯石はデンタルフロスだけではキレイに除去することができません。年に数回は、歯科で歯石除去を行いましょう。

・被せ物、ブリッジ、入れ歯対策
被せ物を減らすには、そもそも虫歯にならないように、普段から心がける必要があります。歯磨きをしっかりと行う、就寝前には食べ物や糖分をあまり摂らないようにするなど、基本的な虫歯予防を行うことで、歯周病の予防となります。また、ブリッジや入れ歯などの歯の負担となるものに関しては、負担の少ないインプラント治療に変えることが一番の予防策。現在、ブリッジや入れ歯をしている人はインプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

・歯ぎしり、歯並び、親知らず対策
歯ぎしりは、歯に大きな負担を与えてしまいます。歯周病が進行している場合、歯に負担をかけると歯周病を進行させてしまいます。歯ぎしりによる歯への負担を減らすには、就寝時にマウスピースを付けることをおすすめします。また、親知らずは早めに抜いておきましょう。少しでも歯と歯茎の隙間を減らして、歯垢や歯石が溜まらないようにすることで歯周病菌の増殖を防ぐことができます。

歯周病は、生活習慣や女性ホルモン、遺伝などさまざま原因によって、進行が早まります。歯茎の腫れや歯の揺れなど、歯周病の症状を感じたら、すぐに歯科に相談して原因をつきとめましょう。早めの処置があれば、歯周病の進行を確実に引き止めることができます。

一覧へもどる