お役立ちコラム

虫歯の無痛治療、その実態とは?

虫歯

歯医者での虫歯治療は、なかなか気が進むものではありません。それは、虫歯治療には、痛みがつきものだからです。実際に、痛い思いをしながら歯を治すことに抵抗を感じ、歯医者へ行く勇気が持てない人は多いようです。しかし、ご安心ください。虫歯治療の中には、痛みを感じることのない「無痛治療」というものが存在します。今回は、痛みゼロで虫歯を治せる、歯医者での無痛治療についてご紹介しましょう。

■無痛治療とは
無痛治療とは、その名の通り、痛みを感じることなく受けられる虫歯治療のことです。無痛治療は、治療の痛みから歯医者へ行くことに抵抗を感じがちな歯科恐怖症の人でも安心して受けられる虫歯治療のひとつ。繰り返し治療を受ければ「歯医者=痛い」というイメージも弱まり、歯医者恐怖症を克服することも可能です。

■無痛治療の方法
無痛治療では、麻酔、レーザー、エアーアブレーション、抗菌剤などの方法を用いて虫歯治療を行います。各無痛治療の特徴については、以下の通り。

・麻酔
ほとんどの歯医者で取り扱われている無痛治療が、麻酔です。麻酔では、表面麻酔剤を塗った歯茎に注射で局所麻酔を施す方法が一般的。保険適用のため、費用を安く抑えることができます。「注射が苦手!」という人には、鼻から笑気ガスを吸い込む笑気吸入鎮静法、静脈に少量の精神安定剤を投与する静脈内鎮静法などがおすすめです。
なお、笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法は、取り扱いのある歯医者が少ないので、事前に問い合わせて確認しましょう。

・レーザー
レーザーを用いて、患部の歯をはじくように削っていく方法です。低刺激である上、殺菌や止血効果もあります。ただし、機械で歯を削るよりも時間がかかってしまう、初期の虫歯にしか適用できない、保険適用外のため自費負担、取り扱いのある歯医者が少ないといったデメリットがあります。

・エアーアブレーション
エアーアブレーションは、初期の虫歯におすすめの方法です。圧縮した空気を利用して粉末を歯に噴射し、歯を削っていきます。機械で歯を削るときよりも刺激が少なく、ほとんど痛みを感じない優しい治療です。ただし、取り扱いのある歯医者が少ないので、事前問い合わせ・相談が必要。また、進行した虫歯には適しません。

・抗菌剤
歯に虫歯菌を死滅させる薬を詰めて虫歯を治す方法です。別名、3Mix法とも呼ばれています。歯を削る必要がない上、神経を抜くこともないので、ほとんど痛みを感じません。ただし、取り扱いのある歯医者が少ないのと、症例数が少ないため、安全性・有効性について証明できるデータが少ない、自費負担なのが難点です。

■一番の無痛治療は早期発見!
前項でご紹介した通り、虫歯の無痛治療にはさまざまな種類があります。最も痛みを感じにくいのは、そこまで進行していない初期の虫歯。初期の虫歯は神経の通っていない歯のエナメル質にしか被害が及んでいないため、痛みの原因となる神経部分に触れることなく虫歯を治すことができます。そのため、歯を削っても痛みを感じませんし、歯を削らずに治療できる場合もあります。虫歯の早期発見には、定期的に歯医者へ通うのが一番です。歯が痛くなってからでは遅いのです。日頃から歯医者へ通い、定期的な歯の健康チェックを心掛けるようにしましょう。

■信頼できる歯医者を
虫歯治療の痛みには、心理面も大きく関係しています。何も説明してくれない歯医者より、どんな方法で虫歯を治すのか、どれくらい痛いのか、どれくらいの費用が掛かるのかといった事前説明をしてくれる歯医者を選べば、治療前の心の負担も軽くなるはず。虫歯治療を受ける際は、「ここなら大丈夫!」と思えるくらい、信頼のおける歯医者を利用しましょう。

一覧へもどる